1. 「ナカジマチカ」トップページ
  2. 台湾
  3. 台湾役立ち情報
  4. 台湾の電動シェアバイク「GoShare」の登録方法や乗車方法を解説

台湾の電動シェアバイク「GoShare」の登録方法や乗車方法を解説

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台湾にはいくつかシェアバイクサービスがあるのですが、最近僕の住む台北市でよく見かけるようになってきたのは台北市・桃園市で展開されているGoShareです。

今回はその台湾の電動シェアバイクGoShareを実際に利用してみたので、登録方法や乗車方法などを解説してきたいと思います。それではご覧ください。

目次

GoShareの登録方法

GoShare – 移動共享服務をダウンロードします。

iOSの場合、App Storeの国/地域設定を台湾にしないと、アプリがダウンロードできないのでご注意ください。

GoShare登録画面01

アプリを起動したら「開始旅程」をタップします。

GoShare登録画面02

SMSが受信できる台湾の電話番号を入力して「下一步」をタップします。

GoShare登録画面03

入力した電話番号のスマホに6桁の認証コードが届くので、そのコードをアプリ上で入力して「下一步」をタップします。

GoShare登録画面04

メールアドレスを入力して「下一步」をタップします。

GoShare登録画面05

「同意」をタップします。

GoShare登録画面06

次に免許証や身分証明書をスマホのカメラで読み取っていきます。台湾の運転免許証と居留証を用意します。

GoShare公式サポートによると、外国人旅行者でもGoShareは利用可能という回答がありますが、自分が試した時は審査が通りませんでした。日本の運転免許証の中国語翻訳文にも対応していないようです。

GoShare登録画面07

まずは免許証の読み取りです。「掃描駕照」をタップして表面・裏面を読み取ります。

※ここで読み取った運転免許証に台湾の『普通重型機車』、又はそれと同等の車種の運転資格がない場合、GoShareで利用できる車種は「Gogoro VIVA」に限定されます。

GoShare登録画面08

次に身分証明書。こちらも免許証と同じように居留証などの身分証明書の表面・裏面を読み取っていきます。

GoShare登録画面09

次に自分の顔の読み取りです。表示される枠に輪郭をあわせるようにすると上手くいきます。

GoShare登録画面10

認証作業が終わったら「繼續」をタップします。

GoShare登録画面11

支払い用のクレジットカード情報を入力します。

GoShare登録画面12

以上でGoShareの登録は完了です。

チュートリアルをさっと確認し、「開始騎乘」をタップすると実際にGoShareが利用できます。

GoShareのメールアドレス認証画面

登録したメールアドレスにGoShareからメールが届いているので、「體檢」をタップしてメールアドレスの認証を行っておきましょう。

GoShareの乗車方法

バイクに乗って出発する

GoShare操作画面01

まずはホーム画面の地図上に表示されているバイクから、乗りたいバイクを選んで「預約」をタップします。

GoShare操作画面02

すると「預約」をタップしたバイクが10分間だけ自分用にキープされるので、バイクが停車している場所へ向かいます。

スマホと予約したGoShare

バイクを見つけたら、車体のナンバーとアプリ上に表示にされているナンバーが合っているか確認して、「開始騎乘」をタップします。

GoShareのメットインオープンボタン

左グリップにあるメットインオープンボタンを押して、メットインを開けます。

GoShareのメットインの中

ヘルメットが2つ入っているので、必要分だけ取り出します。

GoShareの使い捨てインナーキャップ

ヘルメットを直接被るのに抵抗がある人は、メットインを開けるとシートの裏にケースが貼り付けられているので、そこから使い捨てインナーキャップを取り出し被りましょう。

モーター始動ボタン

ヘルメットの装着など準備ができたらモーター(エンジン)を起動します。

スタンドを下ろしブレーキを握りながら中央にあるデジタルメーターの「GO」を押すと、メーターに「0」と表示されて起動します。あとは気をつけながら走りましょう。

停車する(バイクをロックする)

駐停車可能スペースに停車しているGoShare

停車可能な場所を見つけたら、スタンドを上げてバイクを停めます

GoShare操作画面03

GoShareアプリを開き鍵のアイコンをタップします。これでバイクがロックされます。

スマホとGoShareのメーター

再びバイクに乗る時はアプリの鍵マークをもう一度タップしてバイクのロックを解除します。そして走り出した時と同じ手順でモーターを起動させます。

乗車を終える

GoShareのヘルメット

バイクをサービスが提供されている範囲内の駐車可能な場所に駐車したら、スタンドを上げてヘルメットを元の場所に戻します。またメットインに私物を収納している場合は忘れずに回収します。

GoShare操作画面04

GoShareアプリを開き「結束騎乘」をタップします。

GoShare操作画面05

続けて「還車」とタップします。これでGoShareの利用が終了します。

最後に

GoShareで提供されているGogoro VIVA外観

以上、台湾の電動シェアバイク「GoShare」の登録方法や乗車方法の解説でした。

個人的に今台湾で普及している電動シェアサービスの中で、乗車用に提供しているバイクのデザインが一番良いと思っているので、乗っていて気分が盛り上がります。

これからGoShareの利用を始めてみようと思った方は、100元分の乗車がタダになるクーポンコードがPZ55Dなので良かったらご利用ください。

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県出身。会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の語学留学、1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

GoShareで提供されているGogoro VIVA外観
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県出身。会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の語学留学、1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5