1. 台湾・台東を観光するなら絶対行っておきたいおすすめの美麗スポット9選

2015.09.052017.08.03

台湾・台東を観光するなら絶対行っておきたいおすすめの美麗スポット9選

まず初めに台湾に対して謝りたい気持ちでいっぱいです。

誤解しないで欲しいのは台湾に対して何か悪い事をしたとか台湾人の名誉を傷つけたとか決してそういう事ではないです。

何故かというと、今まで僕は台湾の一番の魅力は美食と台湾人にあると思っておりまして、もちろんそれが一番の魅力であることは今でも変わっていないのですが、そんな僕なので、台湾を旅行する予定のある日本人の友人から「台湾のお薦めの観光地に行ってみたいんだけど…」と相談を受けても

「九份!?あんなところ日本人だらけで狭いし、提灯がぶら下がった坂があるだけだし行く価値無いよ!」

「台北101!!?わざわざ高い金払って高いところ登って曇り空見て何が楽しいの?」

と、台湾の観光地に罵詈雑言を浴びせては、台湾現地の美味しいご飯をひたすら食べさせ、夜市に行き台湾人との触れ合う個人ツアーを勝手に組むことで有名な僕ですが、先日2泊3日で台東へ初めて旅行に行ってきたんですよ。で、感想をちょっと言わせてください。

台東良かった。凄い良かった。

台湾申し訳ない!ほんと申し訳ない!!そして台東ありがとう!

つまり今回は、台湾に対しての印象を一部誤解していたお詫びの印…というわけではないのですが、僕が行って良かったと思った「台東の観光地」を紹介させてください。ではどうぞ。

Advertisement

紹介する台東の観光地9つ

  1. 加路蘭遊憩區
  2. 國際地標(海濱公園)
  3. 台東糖廠
  4. 鐵花村音樂聚落
  5. 蘴源國小
  6. 國立台東大學知本校區
  7. 朗‧克徠爵風車教堂
  8. 多良車站
  9. 彩虹街

01.加路蘭遊憩區

加路蘭遊憩區

可愛いオブジェがあちらこちらに置いてあるエリア。原住民の昔の家のレプリカとかもあります。

全体的に日本の直島のような雰囲気。そういえば草間彌生さんって日本国内より台湾の方が人気が高いですよね。僕が知り合う台湾人は大体彼女のことを知っている。

住所:台東縣台東市台11線

02.國際地標(海濱公園)

國際地標(海濱公園)

木で作られた大きなドーム状の開放的な建物が印象的な公園。加路蘭遊憩區と同じようにオブジェも置いてあります。

ドームを超えて奥に進んでいくと、自転車で走りながら湖などの自然を楽しむことができる、広めの敷地に整備されたサイクリングロードなどもあります。

住所:台東縣台東市大同路

03.台東糖廠

台東糖廠

道路側から見ると殺風景な工場なんですが、中に入って行くと、ちょこちょこセンスを感じる場所やオブジェがあります。

台湾原住民ゆかりのグッズを売ってる場所もあって、彼らのグッズは配色・柄が可愛く、オシャレな雰囲気もありつつ伝統的な雰囲気を感じさせてくれます。

住所:台東縣台東市中興路二段202號

04.鐵花村音樂聚落

鐵花村音樂聚落

むかしむかし台東駅とか利用されていたらしい場所。写真の提灯は当然暗い時の方が綺麗に見えるので夜に行くのがお薦め。たまーにライブとかもやってます。

住所:台東縣台東市新生路135巷26號

05.蘴源國小

蘴源國小

「海外にある通ってみたい小学校ランキングTOP10」みたいなテレビ企画があったら真っ先に選ばれそうな、白・青・オレンジのキュートな配色を持ち、独特な校舎の形状が目を引く台東にある現役小学校。

僕が行った時は悔しくも敷地内に入れなかったけど、日にち・時間によっては中まで入れるようです。

住所:台東縣台東市中華路四段392號

06.國立台東大學知本校區

國立台東大學知本校區

どことなく代官山蔦屋を彷彿とさせる校舎がある國立台東大學知本校區。そういえば日本の代官山蔦谷は台湾の本屋「誠品」をモデルにしたっていう噂もありますね。

住所:台東縣臺東市大學路二段369號

07.朗‧克徠爵風車教堂

朗‧克徠爵風車教堂

RPGでしか見たことないような山の上にある風車付きの小さな旧教堂。現在は中身は民宿として生まれ変わっています。

アクセスが超絶不便なところあるので行くのは結構気合が入ります。雨の日にレンタルバイクで登って行ったら、エンスト・ブレーキ故障などに見舞われ悲惨な状況になりました。

住所:台東縣卑南鄉卑南鄉溫泉村民生22號

08.多良車站

多良車站

海と砂浜・緑・紅い塀、それだけで何も言葉は要らない。(※他には何もない)

昔は駅として利用されていましたが今は観光地化されています。海をバックに目の前を走る電車が走ってくる時間に立ち会えたらラッキー。多くの台湾カメコも訪れるスポット。

住所:台東縣太麻里鄉多良村瀧溪路8-1號

09.彩虹街

彩虹街

おそらく後1時間ほど車やバイクで南下していけば、台湾最南端の墾丁まで行けちゃう場所にあるひときわ異彩を放つ場所。台中にある彩虹眷村のちょっとオシャレ版みたいな雰囲気?

住所:台東縣大武鄉大武街

まとめ 台東は独自に歩みを進めた文化と、自然がたくさん残る美しい風景を楽しむことができる場所

こうして振り返ってみると台東は台湾の他の地域とは雰囲気が全く別物ということが分かりますね。日本統治時代、日本人移民のための村があったことで、多くの日本人が移り住んだ経緯もあり、台東の街並に対しては日本の田舎っぽい雰囲気を強く感じました。

また僕は台東に旅行に来てみて「独自のお洒落さ」を持っていることにも気づきました。もともと台東は原住民が多く住む地域として有名ですが、原住民の文化に加え、日本・中国の文化を取り込み、台東オリジナルのものとして昇華させた結果でしょうか。

台湾に残る美しい自然や、原住民文化と中国文化、さらには日本文化が融合した街の佇まいを見てみたい方、そして台湾は好きだけどまだ台東に行ったこと無いという方、是非行ってみてください。

台湾・台東のホテルを探すならこちら

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

一卡通(iPASS)

250元(約800円)で高雄MRTが2日間乗り放題! 高雄を観光するなら必ず利用したい「二日卡」

先日高雄へ4日間旅行してきました。高雄旅行はこれで2回目となります。 今回は現地の友人に高雄でまだ訪れたことがない場所を案内してもらったんですが、その友人から「高雄に着いたら買うと高雄の交通が便利にな...

ATM操作画面01

日本のクレジットカードを使って台湾のATMでキャッシングをする方法

台湾に数日滞在するだけならわざわざ日本円を両替えしなくても、日本で作ったクレジットカードでキャッシングして台湾ドルを手に入れれば済むんじゃない。と思っています。 というわけで今回は台北の街を歩けば大体...

龍虎塔

蓮池潭の龍虎塔への行き方を紹介。高雄きっての観光名所へMRT(捷運)+台鉄で行く方法

台湾の高雄を旅行しようかなと思った時「高雄 観光地」なんてググってしまったら絶対避けられない高雄の観光スポット、それが蓮池潭にある「龍虎塔」という場所です。 この龍虎塔ですが高雄にいくつかある観光地の...

悠遊卡加值機

悠遊カード(ヨウヨウカード)のチャージ方法

台湾にも日本のSUICAやPASMOのような存在のICカード悠遊カード(ヨウヨウカード)というものがあります。 この悠遊カードを使うことで、台北での移動に便利なMRTやバスを利用する際にわざわざ運賃を...

台湾新幹線の改札前

台北から台中や台南、高雄へ短時間で移動。台湾新幹線の乗り方を解説

台湾は日本に比べ交通費が安く、その中でも長距離バスは特に安いので長距離を移動する際はバスでの移動を選択する方も多いと思います。 それでもやっぱり台北からなら1時間で台中、2時間半で高雄へと非常に短い時...

注文表兼メニュー

台湾のレストランでメニューを見てもどんな料理か想像できない! そんな時はGoogle翻訳を利用して料理名を検索するとなんとなく分かるよ

台湾でご飯を食べようと思ってお店に入って、漢字を見て想像で適当に頼んでみたら全部ご飯物が出てきちゃったり、全部スープものが出てきちゃった事とかありませんか!?僕はあります。 こういった海外でご飯を食べ...

新竹駅(新竹火車站)

台北駅から新竹へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを紹介

先日、所用で台湾の新竹へ行ってまいりました。新竹と言えば「台湾のシリコンバレー」とも呼ばれ、多くの日本企業が進出している場所です。 その新竹には台鉄や新幹線も通っており台北からのアクセスも比較的便利な...

新しいパスポートと古いパスポート

台湾で日本のパスポートを更新(新規発給申請)してみた。更新に必要なものや申請手順を紹介

パスポートの有効期限が残り1年を切ったのでパスポートの更新(新規発給申請)を行ってきました。 ちなみに僕は現在1年の2/3以上は台湾にいる生活を送っています。そこでせっかくなので台湾にある日本台湾交流...

ビールを飲みながら釣り

釣る! 飲む! 食べる! 台湾ローカルレジャー「エビ釣り」をやってみた

学校の友人達と台湾のエビ釣りへ行ってきました。 台湾のローカルレジャーのひとつにエビ釣りがあるという事は前々から知ってはいたのですが今まで行く機会に恵まれず、この度友人に誘ってもらい初めて行ってきまし...

映月大池

どこを切り取っても絵になるコンパクトな観光地!「林安泰古厝民俗文物館」へ行ってみた

語学留学時代は台北は台北でも新北市に住んでおりましたが、現在のワーホリでは台北の台北市に住んでおりますナカジマチカ(@nakazimachica)です。 ということで時間がある時は、徒歩またはYouB...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook