1. これを食べたら日本の焼き芋はもう食べれない?! 台湾のおすすめ冬スイーツ「烤地瓜」

2016.01.092017.11.02

これを食べたら日本の焼き芋はもう食べれない?! 台湾のおすすめ冬スイーツ「烤地瓜」

日本でのさつまいもの思い出といえば、よくスーパーでなるべく大きめの生のさつまいもを一本100円~150円くらいで買ってきて炊飯器で蒸して食べてましたが、やっぱりさつまいもは専用機器を使って調理した方が段違いに美味しいです。

じゃあそれをドコで手に入れるかというと、日本なら冬に「い~しや~きいも~~おいもっ♪」というアナウンスと共にトラックで売られている石焼き芋を真っ先に想像しますよね。

そこで買っても良いんですがお察しの通り結構いい値段します。そこで私が今住んでいる台湾なんですが、日本より手軽に食べることができ、更にめちゃくちゃ安い価格で美味しい焼き芋を手に入れることが出来ます。

ということで今回は台湾で売られている焼き芋「烤地瓜」の買い方や食べた感想などを紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

さつまいもの栄養に関する豆知識とか

さつまいもは栄養面・美容面でもバランスの良い食べ物ということでNASAも認める「準完全食品」と呼ばれているそうな。って専門用語が出てきてもよく分かりませんが完璧の一歩手前って感じでしょうか。とりあえず食べ物としてのポテンシャルはなんか凄そう。

ちなみにこの事を知ったのは10年位前の記事ですが、人間も10年ではそこまで変わらないように、食べ物も大きな変化はないと信じて載せておきます。

栄養面だけじゃなくて、油を使って調理するわけではないので健康的ですし食べ易さの面でも優れています。特に台湾で長期間生活していて油っちいご飯に飽き飽きしてる人にはぴったりな食べ物です。

「烤地瓜」の購入方法

路上で購入する

焼き芋が売られている様子

台湾の焼き芋はこのように道端に釜を設置しその中で焼いて売るスタイルがメジャーです。冬が近づくにつれてよく見かけるようになります。

たまに移動するので「ココ!」という風に具体的な場所はお知らせできないのですが、台湾の街を20分くらい歩いていれば見つかるかもしれません。僕の家の周りには徒歩10分圏内に3つくらい販売スポットがあります。

焼き芋が売られている様子02

購入方法ですが、釜の前に行って「我要1個烤地瓜(ゥオヤオイガカオディーグワー) … 焼き芋1つください」と言えばOKです。

焼き芋専門で売っている店の場合は、挨拶して1とか2とか指を立てて購入数を表示すれば、自動的に焼き芋をその数に応じて売ってくれるでしょう。

量り売り

値段は秤にかけて重さで決まります。中サイズ(手の平に丁度収まるくらい)1つで30元(約105円)前後です。日本でも冬に路上をトラックで走る石焼き芋屋さんがありますが、多分そこで買ったとしたら多分ちっこいのでも500円以上はしますよね。

コンビニで購入する

台湾のファミリーマート(全家)で売られている夯番薯

台湾ではコンビニでも気軽に焼き芋が購入できるようになっています。一番有名なのは日本でもお馴染みのファミリーマート(全家)で売られている夯番薯です。

店内に焼き芋が積まれた保温器が置いてあるので(一部取り扱っていない店舗もあります)、トングを使って専用の袋に好きな芋を入れてレジに持っていけば購入できます。価格も路上で売られている焼き芋とあまり変わりません。

台湾の焼き芋「烤地瓜」を食べた感想

台湾の焼き芋

日本の焼き芋と比べると繊維が少なくて食べやすく、しっとりねっとりしていて非常にクリーミーな食感。味も甘すぎないくらいの甘みがあり丁度良い味わいです。

ちなみに台湾のさつまいもは中身の色が黄色とオレンジの2色あって、購入時にたまにどちらの色が良いか聞かれます。僕の好みとしては甘みが比較的強い黄色の方が好きです。

台湾人からの支持も厚い

日本だとさつまいもが嫌いって人をあまり聞いたことがないのですが、台湾人も例外ではなく2015年はファミリーマート(全家)でも売られている焼き芋「夯番薯」が年間で1,000万本売れたとかなんとかで相当人気は高いようです。

また台湾では「地瓜葉」というさつまいもの葉っぱを使った料理が結構スタンダードでして大衆食堂っぽいところには大体メニューとしてあります。個人的には空心菜の方が好きですがお店に他の野菜が置いてない時は僕も食べます。

最後に

この「烤地瓜」、冬スイーツと書きましたが実はここ台湾では夏にも売られています。けど季節が冬ならばより美味しく頂けるでしょう。

値段もリーズナブルですし焼き芋好きな人なら必ず満足できると思うので、台湾へ旅行などで滞在する際には是非ご賞味ください。

※1元=3.5円で計算(2016年1月9日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

金煌芒果(金煌マンゴー)

台湾の果物屋さんでフルーツを購入する方法。台湾現地で新鮮なマンゴーをお得な価格で買って食べてみよう!

台湾に夏がやってくると連日マンゴーを食べるようになる台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。台湾で食べるマンゴーって美味しいですよね。 ところで皆さんは台湾に来た時、どのようにして...

日式涮涮鍋

台湾での外食生活で不足しがちな野菜を食べるならこのお店! 野菜もしっかり摂れてお腹いっぱい食べられる台湾のおすすめ飲食店4つ

さて台湾に移住してからというものの、日本で一人暮らしをしていた頃は徹底した自炊生活を行っていた僕も、今では食事は完全に外食だけになってしまいました。家にあるキッチン雑貨は飲み物用のコップくらいしかあり...

お皿に持った黒落花生

ちょっと変わった台湾土産にどうぞ。 迪化街で「黒落花生(黒ピーナッツ)」を買ってみた

みなさんは黒い落花生があるのはご存知でしょうか? もともとは中国から伝わった品種で、日本の国内産落花生の約7割を生産している千葉県では希少な落花生として生産されているそうです。 実はその日本国内では貴...

バスチケット

台湾のコンビニで高速バスのチケットを事前購入する方法

台湾は日本に比べると交通費が非常に安いです。中でもバスの運賃は非常にお得で、例えば各都市へ移動するための高速バスの場合、台北から台南(大体東京→名古屋くらいの距離)を移動したしても、運賃は1,500円...

熱炒のテーブル

台湾へ来たら絶対行きたい「熱炒」で食べるべきお薦めメニュー6選

台湾はそろそろ夏真っ盛りです。ビールがおいしい季節になってきました。 さて、もしあなたが台湾を訪れる予定があり、ビールを飲みながらワイワイするのが好きならば是非行ってほしいのが「熱炒」という場所です。...

黒パイナップルケーキを2つに割った状態

普通の台湾パイナップルケーキに飽きた人へ。黒×黄のコントラストが美しい高女婿の黒パイナップルケーキをお土産に買ってみた

日本人の間で知られている台湾の定番土産と言えば『鳳梨酥(パイナップルケーキ)』ですが、あまりに定番すぎるので誰かに買っていくと「実は何回か貰ったことある」なんて告白されたりして軽く傷つくこともあります...

肉焿

台湾在住の僕が選ぶ夜市で食べたいおすすめ小吃12選! 台湾のB級グルメを食べつくそう!

もしあなたの周りに台湾に住んでる日本人がいて、台湾を旅行しようと思った時その人に台湾の夜市で食べるべき物を尋ねて、日本のガイドブックにも載っているような小籠包や魯肉飯、蚵仔煎などを勧める人がいたら、僕...

ガラスケースの中に入った食材

台湾お馴染みのB級グルメ「滷味(ルーウェイ)」の購入方法を紹介

みなさんは台湾の路上や夜市などで台湾人がザルとトングを構え、店頭に並べられた茶色っぽい物体を熱心に選んでいる様子を見かけた経験はないでしょうか? それはおそらく台湾でスタンダードなB級グルメとして愛さ...

並べられたカットフルーツ

フルーツ盛り合わせが200円! ビタミンが足りない台湾師範大学の学生はMRT古亭駅近くにある「古亭水果吧」で摂取するといいかも

台湾で生活を始めてから肉や米、麺が中心の食生活になってしまい、尚且つそいつらは大体油っこいときてるので、日本人なら日本で生野菜をかじっていたフレッシュな私を取り戻したいと思う方もきっと多いんじゃないで...

台湾の夜市

台湾の夜市の屋台や飲食店での注文方法を紹介。台湾でご飯を食べる時に役立つ中国語フレーズまとめ

みなさん、台湾のご飯を楽しんでますか? 台湾と言えばやはり台湾グルメということで、台湾へ旅行などで来た際は自分の食べたいものを存分に楽しみたいですよね。 そこで今回は、台湾の屋台(飲食店)における流れ...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook