1. 「ナカジマチカ」トップページ
  2. 台湾
  3. 台湾で暮らす準備・手続き
  4. 台湾の居留ビザ(配偶者)を申請する方法
Update

台湾の居留ビザ(配偶者)を申請する方法

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台湾人と結婚し、台湾に居住することを選択される方もいらっしゃると思います。そこで必要になるのが居留証という身分証明書なのですが、その前に居留ビザを取得する必要があります。

今回はその配偶者用の居留ビザの申請に必要なものや申請方法を解説していきます。それではご覧ください。

目次

居留ビザ(配偶者)を申請するために必要なもの

日本人

  • 居留ビザ申請書(オンライン申請後にダウンロードしたpdfを印刷して署名)
  • パスポート + 写真ページのコピー
  • 写真2枚(3.5cm×4.5cm / 6カ月以内)
  • 戸籍謄本( 配偶者の名前が記載されているもの / 3ヶ月以内)+ コピーx2
  • 犯罪経歴証明書(3ヶ月以内)
  • 健康診断書(所定フォーム利用 / 台湾の病院のフルネーム印付き / 3ヶ月以内)
  • 航空券予約確認書(台湾渡航のための片道航空券のコピー)
  • 手数料(シングルビザ:6,900円、書類の文書証明:3,200円)

台湾人

  • 戸籍謄本(3ヶ月以内)
  • パスポートの写真ページのコピー

居留ビザ(配偶者用)申請の流れ

台北駐日經濟文化代表處入口

日本にある最寄りの台北駐日經濟文化代表處へ行き、ビザ関連の窓口で配偶者ビザの申請をしたい旨を伝えて、必要な書類等を提出します。

書類に不備がなければ、犯罪経歴証明書と日本の戸籍謄本の文書証明(台湾用に認証)の申請書を渡されるので記入します。

レシート

文書証明の申請書を提出し、居留ビザと文書証明の発行手数料の支払い、領収書を受け取ります。

台湾の居留ビザ

申請日の翌々日午後に領収書を持って再び台北駐日經濟文化代表處を訪れ、居留ビザが貼り付けられたパスポート、文書証明済みの犯罪経歴証明書・戸籍謄本を受け取ります。

※居留ビザ(配偶者)の申請に必要なものや手数料は変更になる場合がございます。申請の際は必ず事前に台北駐日經濟文化代表處のサイトをご確認ください。

  1. 台湾の居留ビザ(配偶者)を申請する方法
  2. 台湾の居留証(配偶者)を申請する方法
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県出身。会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の語学留学、1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

台湾の居留ビザ
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県出身。会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の語学留学、1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5