1. 「ナカジマチカ」トップページ
  2. 台湾
  3. 台湾生活記
  4. 台北で借りていた月4万円の一人暮らし用の部屋を紹介
Update

台北で借りていた月4万円の一人暮らし用の部屋を紹介

ども最近台北市から台中市へ引っ越しをしたナカジマチカ(@nakazimachica)です。やっぱり台北以外の都市は台北と比べると家賃が安いですね。

台湾で暮らす知人・友人に聞いてきた話だと、日本人が台北で一人暮らしをしている部屋の家賃は、経済的に余裕があったり補助などを受けている場合を除いて月1万元前後であることが多く、僕が台北市で一人暮らしをしていた部屋もひと月の家賃は11,000元(約39,600円)でした。

そこで今回は、月1万元前後の家賃だと台北市ではどんな部屋を借りることができるのか、僕が住んでいた部屋を例に詳しく紹介してきたいと思います。それではご覧ください。

目次

借りていた部屋の基本情報

まずは僕が台北市で借りていた部屋の基本情報をご確認ください。

賃料(管理費など)月11,000元(約39,600円)
※管理費・ケーブルTV代・インターネット代・水道代込み。電気代は毎月の使用量に応じて別途徴収。
敷金(押金)賃料2ヶ月分
築年数不明。見た目年齢は30〜40歳くらい
間取りワンルーム
専有面積6帖くらい
所在階3階/4階建(エレベーターなし)
家具・家電生活に必要なものは全て備え付け
交通情報台北MRT中山駅まで徒歩5分
台北MRT/台湾鉄道/新幹線台北駅、台北バスターミナルまで徒歩10分
備考共用ゴミ捨て場あり、キッチン・バルコニーなし

台湾で部屋を借りたことがある人はご存知だと思いますが、台北市で月1万元前後の予算で部屋を探すと、大体こんな条件の部屋が多いような気がします。

共用部・部屋(専有部)の様子

建物入口

さて実際に借りていたお部屋の様子を見ていきましょう。

まずはお世辞にも綺麗とは言えない階段に続く建物入口。通路幅は非常に狭く成人が身体を傾けてギリギリすれ違えるくらいの幅です。

また専用の郵便ポストがないため、配達員が気を利かせて電話をくれないと宅配物はそのまま郵便局にお持ち帰りになります。

3,4階の住人専用のオートロックドア

2階まで上がると3,4階の住人専用のオートロックドアがあり、解錠には専用の鍵が必要です。

通常集合住宅は1階にこういったドア及び共用玄関があるのですが、自分の住んでいた建物は1,2階にお店が入っており2階までは住民以外の人の出入りがあるため、2階にドアが設置された構造になっていました。

日本の集合住宅だと共用玄関がある賃貸を探すと家賃が少し高くなりますよね。けど台湾ではこういった綺麗とも新しいとも言えない建物でも共用玄関があり、オートロックのドアが設置されていることが多いです。

3階共用廊下

更に上がると僕の住んでいた部屋のある3階の共用廊下に到着。

3階には合計6部屋ありますが、お店が入っている1,2階の様子や建物の躯体を見る限り、おそらく元々は1部屋だったワンフロアを無理やり6部屋に分けていると思います。

共用ゴミ捨て場

同じ共用廊下の一角にある共用ゴミ捨て場。

台湾はこういった共用ゴミ捨て場がないと、ゴミ収集車に合わせて自分でゴミ出しをする必要があるので、ゴミを24時間いつでも出せる設備のある部屋を借りると便利です。

部屋の様子01

それではようやく部屋の中へ。こちらは部屋に入ってすぐの画角。

部屋の様子02

反対側から部屋入口の扉に向かって。最低限の整理しかしていない状態で撮影したので一部私物がある点をお許しください。(生活感の強い物はクローゼットにぶち込んであります)

ダブルベッド

部屋面積の半分以上を占拠するダブルベッド。寝具類は枕・掛け布団以外は備え付けです。

L字デスク

僕が家にいる時の大部分の時間を過ごしていたL字デスク周り。

台湾の一人暮らし用の部屋は机なしか、あってもドレッサーデスクであることが多いので、この広めデスクは家で仕事をするのが好きな自分にとって契約に至る決め手のひとつになりました。

ノートPCの上に見えているモニターは備え付けのテレビですが、番組を見る機会はほとんどなく、適当な台の上に置いてPCのサブモニターにしてましたね。

友人から頂いたオフィスチェア

ちなみにグレーのオフィスチェアは備え付けではなく、近所に住んでいた友人が日本へ引っ越す時に譲って頂きました。

それまでは備え付けのIKEAで売っている49元 (約176円)の折りたたみ椅子を使っていて、何でもっと早くこういう椅子を買わなかったのか後悔したとかしないとか。

L字デスク下の収納

デスクの脚は収納になっています。

冷蔵庫

デスク横には備え付けの冷蔵庫。小さめですがそもそもキッチンがないので問題ありません。

このタイプの冷蔵庫の難点と言えば、設定温度を誤ったり少し長めに扉を開けると、すぐに一体になった上部の冷凍庫の霜がメガ進化してしまうことでしょうか。

タンス、クローゼット、スリムラック

デスクの反対の壁際には収納スペースがあります。タンス(大)、クローゼット、スリムラックが設置されていました。

スリムラックは靴棚として使用していましたが、タンスとクローゼットは中に入れておくとカビが生えるのであまり収納しませんでした。改めて見るとクローゼットの扉のズレが気になる…。

フック

この部屋の好きだったところ。部屋の至る所にフックがあります。バッグや鍵などをぶら下げてました。地味に便利。

鏡

好きなところ2つ目。鏡もたくさん。ただこれは今思えば小さな部屋を広く見せるための手段だったのかも。

エアコン2台

逆にこの部屋のあんまり好きじゃなかったところ。なぜかエアコンが2台設置。

入居当初大家さんに「窓用は要らないから外して」とお願いしたのですが、面倒だったのか受理されませんでした。見た目から分かるように両方ともなかなかのビンテージもので窓用は1年目で動かなくなりました。

ついでにエアコンに関する日本との違いについて言及すると、台湾のエアコンは冷房・ドライ・送風の3機能しかないのが一般的です。暖房機能が入っていないエアコンの部屋を借りた場合は、年に1,2回訪れる寒波の時は部屋の中で厚着をして耐える必要があります。

水廻り

続きましてベッド横の仕切りの先へ進むと水廻りです。洗濯機置き場、洗面所、トイレ、シャワールームがあります。

洗濯機

こちらが洗濯機。単身用サイズなので1回で洗える量は多くありませんでした。

洗面スペース

洗面スペース。大きい鏡が付けられているのが○。

トイレ&シャワー

シャワー&トイレ。ここにも棚が備え付けられていて便利でした。

外に通じる唯一の窓

水廻りには唯一開けることができる窓があるのですが、鐵窗(窓用の面格子)がかかっている上、目の前に建物があるので開放感は無。もちろん通風・採光もほぼありません。

ご覧のように太陽光を取り込めるスペースがないため、洗濯した服を乾かす時は近所のコインランドリーを利用していました。

部屋の間取図

最後に、自分で書き起こした部屋の間取図はこんな感じ(細かい所は端折ってます)。

実は窓が南側に付けられている南向きなのですが、上述の通り数十センチ先に建物があるのでその恩恵にあずかることはできません。

最後に

台北の住居

以上、僕が台北市で4年間一人暮らしをしていた約4万円/1ヶ月の部屋紹介でした。

通風・採光、キッチンが無いことは後になってジワジワきましたが、睡眠と仕事のための部屋として割り切って住んでいました。

とは言え台北市のほぼ中心にあり、市内で終電がなくなるまで遊んでも数十分歩けば帰れましたし、日本帰国や海外旅行に関しても家から徒歩で台北駅及び台北バスターミナルまで行けて1本で桃園空港にアクセスできたので、立地的にはこれ以上はありませんでした。

日本にしても台湾にしても予算内で全てが理想通りの部屋に住むのは難しいと思いますが、是非台湾で暮らす際の参考にどうぞ。

※1元=3.6円で計算(2020年6月7日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県出身。会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の語学留学、1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

部屋の様子02
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県出身。会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の語学留学、1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5