1. 台湾での最強両替方法?「銀樓」で日本円を台湾ドルに替えてみた
Update

台湾での最強両替方法?「銀樓」で日本円を台湾ドルに替えてみた

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

ぼちぼち2015年3月から開始した台湾での語学留学を終えて日本へ帰るのですが、用意した台湾ドルが残りの滞在日数と照らし合わせると明らかに不足していたので、台湾にて3度目の日本円から台湾ドル(元)への両替えを行いました。

日本円から台湾ドルへの両替えはいつも銀行で行っていましたが、今回は銀行ではなく敢えて「銀樓」という場所で両替えをしてみました。その様子を紹介していきたいと思います。

目次

銀樓とは?

銀樓の店頭

銀樓は台湾にある金や銀、宝石のアクセサリー販売、外貨の両替えなども行っているお店です。店頭の雰囲気はアクセサリーショップぽいですよね。

日本円から台湾ドルへの両替えにも対応しており銀行よりもレートが良くなってる時があるとか。それを期待して今回はあえて銀樓で両替えをしてみたわけです。

両替えをした銀樓の場所

両替えをした銀樓は師大路にある「高昇寶石銀樓」です。台湾師範大学の語学センターに通ってる人なら校舎(語学センターが入っている博愛大樓)から出て横断歩道を渡り、師大路をまっすぐ歩いて行くと10分くらいで到着します。

銀樓での両替え手順

高昇寶石銀樓

店内に入ったら現在の日本円→台湾ドルのレートを店員さんに聞いて確認します。そして台湾の各銀行のレートを確認できるサイトを開いて銀樓のレートと比較します。

教えてもらったレート(現鈔買入)が各銀行のレートを上回るようだったら、ここで初めてお金を渡して両替えしてもらいます。

店員さんが台湾ドルとレシートを一緒に渡してくれます。念のためお金を受け取ったら自分でもその場でしっかり確認しましょう。

両替えの結果

レシート

全ての銀行のレートを上回ったわけではありませんが、そこそこ高いレートで両替えすることができました。銀行の両替え手数料を考慮すれば一番お得だったような気がします。

銀樓で両替えをするメリット・デメリット

メリット

  • 銀行よりレートが良くなる場合もある
  • 手数料無し
  • 週末でも両替できる

デメリット

  • それなりの中国語力が必要
  • 雰囲気がちょっとこわい(店員さんとはガラス越しのやりとり)
  • 両替商許可がない場所だと偽札を掴まされるリスクがある(それを客に通報されるとお店側も営業停止などの重い処分を受けるので滅多にないらしいです)
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

銀樓の店頭
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5