1. 【台湾長期滞在者向け】高額の日本円を台湾ドルへ両替えする最良の方法
Update

【台湾長期滞在者向け】高額の日本円を台湾ドルへ両替えする最良の方法

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

留学や仕事などで台湾に長期間滞在して生活している方は、台湾を旅行する時より大きい額の日本円を台湾ドルに両替えする機会があるかと思います。

そこで必ず考えると思われるのが「高額の日本円を台湾ドルに両替えをする時、どこでどう両替えするのが一番良いのか?」という疑問です。

数日の台湾旅行なら数万円程度の両替えになると思うので、台湾ならば基本的にどこで両替してもほとんど差はありません。ただ高額となると少し話が変わってきます。

そこで今回は僕と同じように台湾に長期滞在していて、高額の日本円を台湾ドルに両替えしたい方のために、最もお得に両替えできる方法を紹介します。どうぞご覧ください。

目次

高額の日本円を台湾ドルへ両替えするのはどこがおすすめか?

先に高額の日本円の両替えはどこで行うのが良いかを簡潔に言うと、正攻法では台湾の街中にある銀行で両替えするのが一番良い方法です。これを詳しく解説していきます。

最初に考えるのはどの銀行で両替えをするのかという話なのですが、それは日によって異なります。

FindRate

そこでまず台湾の各銀行の日本円為替レートを確認できるサイトを見ていきます。日本円を台湾ドルに両替えする際、このサイトで見るべき場所は現鈔買入現鈔手續費の2つです。

「現鈔買入」について

簡単に言うと「現鈔買入」が高ければ高いほど、たくさんの台湾ドルに両替えできます。具体的には自分が両替えする日本円が「現鈔買入」の数値を掛けた額の台湾ドルに換わります。

次に僕が台湾語学留学をした際、1年分の生活費として持っていった120万円を例に、両替えを行うとどのくらいの台湾ドルを得ることができるか、又レートの異なる銀行で両替えするとどのくらい差が出るのか見てみましょう。

  • 現鈔買入「0.2500」の銀行で120万円を両替えした場合
    …300,000元
  • 現鈔買入「0.2600」の銀行で120万円を両替えした場合
    312,000元

旅行時などの少額の日本円両替えとは違い、0.0100レートが違うだけで12,000元(約42,000円)もの差が出てきてしまいました。これは馬鹿にできない数字です。

「現鈔手續費」とは

台湾銀行の為替レート表

次に現鈔手續費です。これはつまり手数料のことでして、先程紹介したサイト上では大きく分けて計算方法が3種類あります。

  1. 「免手續費」 … 無料
  2. 「每筆NT$100」 … 一律100元
  3. 「台幣總額之0.5%~1%」 … 両替えした台湾ドルの0.5%~1%

当然ですが両替額が大きい場合は「台幣總額之1%」の銀行での両替えはやめておきましょう。例えば0.2500のレートで先程の例のように日本円120万円を両替えしたとしたら、上にも書いたように貰える額は300,000元となります。

つまり300,000元の1%は3,000元(約10,500円)なので非常に高い手数料が取られてしまい、両替手数料無料や一律100元の銀行と比べると大きな差が出るわけですね。

結論

長期滞在などで高額の日本円を両替えする場合は、台湾の各銀行の日本円為替レートを確認できるサイト上で確認した、「現鈔買入」の数値が高く、「現鈔手續費」が免手續費または每筆NT$100の銀行を確認して、両替えを行うのが最も良いと考えられます。

基本的には同サイトの「日幣/台幣兌換推薦銀行」にある「日幣換台幣」の横に書かれている銀行を選べば問題ありません。

またその他の両替え方法として、比較的レートが良く、両替え手数料も無い「銀樓」という場所での両替えも選択肢としてありますが、人によってはリスクに感じる場合もあります。詳しくは下記をご確認の上、自己責任でお試しください。

台湾の街にある銀行で両替えをする方法

両替えを行う銀行が決まったら早速銀行へ向かいましょう。銀行の場所は銀行名をGoogleマップで入力すれば一番近い支店を表示してくれます。

両替えを行うタイミングと銀行ですが、基本的に各銀行の為替レートは目まぐるしく変動しています。

日が変われば0.05~0.1くらいは平気で変動する可能性もあるので事前に何行かアタリをつけておき、両替えに出かける寸前にレートを改めてチェックして、その時のレートで両替を行う銀行を決めましょう。

今回は基本的にいつもレートが良く、手数料が每筆NT$100(一律100元)の玉山銀行を例に日本円から台湾ドルへの両替え方法を説明していきます。

整理券

銀行に入ったら、入口で客の要件を聞いている係員に「我要日幣換台幣(ウォヤオリービーファンタイビー)… 日本円を台湾ドルに両替えしたいです。」と伝えましょう。

するとその係員が整理券の機械を操作して要件別の整理番号を発行してくれるので、それを受け取って席で待ちます。

もしそこに要件を聞いてくれる係員がいなかったら誰か来るまで待つか、整理券発行機を操作して「外幣」と書いてあるところをタッチして自分で整理券を取りましょう。

しばらく待つと銀行のカウンター上部にある電光掲示板に自分の番号が表示されその番号が呼ばれるので、呼ばれているカウンターの確認してそこに向かいます。

玉山銀行のカウンター

改めてカウンターにいる人に「我要日幣換台幣」と伝えて現金(日本円)とパスポートを渡します。

すると「いくら両替えするのか」と「お金の使用目的」を聞かれるので答えます。空港にある銀行(両替所)ならば現金を渡せば即両替えしてくれますが、街にある銀行で両替えを行う場合は少し確認項目が多くなります。

また、両替えを行う銀行で口座を持っておらず長期滞在用ビザ・居留証も所持していない場合、外貨両替額の上限は30,000元(約105,000円)相当になります。

外貨売買申請書

最後に両替え用に渡した日本円、現在のレート、貰える台湾ドル、手数料の4点を書面上で確認したらサインをして台湾ドルを受け取ります。

※1元=3.5円で計算(2019年6月26日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

外貨売買申請書
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5