1. 「ナカジマチカ」トップページ
  2. 台湾
  3. 台湾で暮らす準備・手続き
  4. 台湾で台湾人と国際結婚する方法を解説(先に台湾で結婚手続きを行う場合)
Update

台湾で台湾人と国際結婚する方法を解説(先に台湾で結婚手続きを行う場合)

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

ここ数年で世界各国の人々の移動量が活発になり、島国に住む日本人も外国人と知り合う機会がとても増えましたよね。そんな中で良縁があり台湾人と国際結婚をされる方もいると思います。

そこで今回は台湾で先に結婚手続きを行う場合の台湾人と国際結婚する方法を解説したいと思います。それではご覧ください。

目次

台湾で結婚手続きを行う際に必要なもの

日本人

  • パスポート
  • 婚姻要件具備証明書(3ヶ月以内)
  • 取用中文姓名聲明書 [ダウンロード]
    「關係人」には結婚相手の情報を記入します。また中国語名を付ける場合、台湾で取得する居留証には中国語名とともにパスポートの名前(本名)も併記されます。

台湾人

  • 身分證
  • 戶口名簿(有効期限なし)

2人

  • 結婚書約(結婚届)※台湾デフォルトの素っ気ない白黒の婚姻届が気に入らない場合は、自分で作っても良いですし、「結婚書約」で検索すると色々なデザインのデータが出てくるのでダウンロードして印刷しましょう。
  • 各書類の発行手数料(身分證:50元、結婚證明書:100元、戸籍謄本(現戶全戶):15元)

台湾での結婚手続きの流れ

戸政事務所入口

婚姻要件具備証明書を申請する際に日本台湾交流協会で申請書に記入した戸政事務所へ行きます。

戸政事務所内部

戸政事務所の入口で「結婚登記」と伝えて整理券を貰います。

戸政事務所の結婚窓口

番号が呼ばれたら用意した書類等を窓口に提出します。

書類に問題がなければ、窓口の方が2人の個人情報を入力して「結婚登記申請書」を作成してくれるので、その書類の個人情報を確認してサインします。

簡易整理券

結婚登記申請書を提出すれば結婚手続き自体は完了です。

最後に新しくなった台湾人の身分證を受け取り、日本での結婚(報告)手続きや居留ビザ(配偶者用)申請のために必要な下記の書類を取得します。

  1. 結婚證明書
  2. 配偶者(自分)の名前が載った戸籍謄本(現戶全戶)※簡易版ではなく詳細が記載されたもの

また今後の手続きには関係ありませんが、個人的に必要な場合は新しい戶口名簿も30元で取得できます。

日本で居留ビザを申請する前に台湾でやっておくべきこと

台湾人配偶者と台湾で暮らす予定があり、日本で台湾の居留ビザ(配偶者用)を申請する場合は、指定された医療機関の健康診断書が必要になります。

所定のフォームを利用して台湾の病院で検査を受け、健康診断書を取得しておきましょう。

※台湾での結婚手続きに必要なものは変更になる場合がございます。手続きの際は必ず事前に日本台湾交流協会のサイトや各戸政事務所のサイトをご確認ください。

  1. 台湾で台湾人と国際結婚する方法を解説(先に台湾で結婚手続きを行う場合)
  2. 台湾人と国際結婚したことを日本の役所へ報告する方法を解説(台湾で入籍済の場合)
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

戸政事務所入口
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5