1. 台湾の家賃や食費はどのくらい? 台湾(台北)1ヶ月の生活費を公開
Update

台湾の家賃や食費はどのくらい? 台湾(台北)1ヶ月の生活費を公開

日本を出て海外で暮らしてみたいと思ったことはないでしょうか? ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

海外生活を考えたことのある人の中には、日本からも近く街の構造も日本と比較的似ていて利便性も高い「台湾」での生活を検討したことがある方もいるんじゃないかと思います。そして僕は今その台湾(台北)で部屋を借りて一人暮らしをしています。

そこで今回は台湾に住んでいる僕が、台湾で暮らすことを検討している方のために、台湾で生活をした時にかかる1ヶ月の費用の詳細を紹介します。どうぞご覧ください。

目次

台湾で生活をする際にお金がかかる項目

中山新光三越

はじめに台湾で生活をするにあたりお金がかかる項目を紹介します。

  • 家賃(ネット代・水道代・ケーブルテレビ代込み)
  • 光熱費(電気代のみ)
  • 通信費(スマホのネット代)
  • 食費
  • 交通費
  • 日用品代
  • ファッション代(クリーニング代込み)
  • 交際費

基本は以上です。日本で支払うものとほとんど変わりません。次に項目ごとにどのようにお金を使っているか詳しい説明をしていきます。

生活費の各項目の詳細

家賃(ネット代・水道代・ケーブルテレビ代込み) 39,600円(11,000元)

借りている部屋

現在は台北市の隣の新北市というところのマンションの一室を借りています。

台北MRTに乗れば15分ほどで台北駅にも着くのでさほど田舎というわけでもありません。日本の都市に例えるならば東京の隣だけど横浜ほどは垢抜けてない、けど交通や生活が割と便利な川崎市って感じでしょうか。

今までに色々な台北の部屋を見てきましたが、台北で一人暮らし用の部屋(套房)を借りる際の家賃相場は大体10,000元(36,000円)なので、僕が毎月払っている家賃11,000元(39,600円)は相場ぐらいですね。

この部屋の環境ですが、生活に必要な家具・家電は全て揃っており、水道代・ネット代・ケーブルテレビ代込み、24時間捨てられる専用のゴミ捨て場有り、最寄りMRT駅まで徒歩7分。といった好条件が揃っているので個人的にこの家賃ならかなりお得だと思っています。

しかも偶然にも僕が借りた部屋の大家さんは日本語がペラペラなのでトラブルがあったとしても安心感が違います。台湾人大家さんによる日本語サポートという点だけでも月1,000元払いたいくらいです。

光熱費(電気代のみ) 3,474円(965元)

電気メーター

台湾ではお湯を沸かすのにも何でも電気で行いますが、その割に電気代だけは日本並に高いので、家賃とは別に電気代を大家さんに支払うようになっている場合が多いです。

僕の借りてる部屋は毎月締め日の前日になると、大家さんから「外にある自分の部屋の電気メーターの写真を送ってください。」というLINEが飛んでくるのでそれに従い写真を送ります。

それを大家さん確認してメーターの度数から電気代を算出するというなんだかラフな方式で、家賃とあわせた電気代を月の締め日に銀行振込で支払います。

生活費を計算した時は、まだ3月だったのでエアコンを稼働しておらずこの程度で収まっていますが、本格的な夏がやってくると1,000元(約3,600円)近くになることもあります。

通信費(スマホのネット代) 1,620円(450元)

家賃にはインターネット代(有線LAN+Wi-Fi)が含まれていますし学校にも無料で利用できるWi-Fiがあります。加えて活動エリアは家と学校がメイン、そして街には無料Wi-Fiがガンガン飛んでいるので上手くやれば基本的に通信費は無料です。

ですが外出の際にWi-Fiがない場所でも困らないようにするためと、台湾での電話番号確保のために、3ヶ月に1度台湾現地キャリアのプリペイドSIMカードにチャージする形でスマホでネットを利用しています。

生活費を計算した月はちょうどその3ヶ月に1度の支払いを行った月でした。3ヶ月450元のプランを1ヶ月分に換算すると150元(約540円)ですね。

食費 32,112円(8,920元)

乾拌麵

現在、毎日の食事については家にキッチンが無いこともあり自炊は一切せず3食とも外食です。

ここ新北市では台湾のローカル飲食店で済ませると1食大体50~80元(約180円〜288円)くらいなので、1日250元(約900円)以内に収まることが多いです。

とはいえ週に1,2回くらいはローカルフード以外のものを食べたりカフェに行ったり、友人と一緒に食事をして気兼ねなく食べたりしたいので、そういう時は1回で300元~500元(約1,080円〜1,800円)くらいの出費をすることもあります。

交通費 2,880円(800元)

MRT切符売場

今僕は学生なので、月~金曜日は学校と家を往復しているわけですが、台湾では通学・通勤定期の概念がないので毎日通常料金でMRT(地下鉄)に乗って学校へ通っています。

公共交通機関を利用する際は日本で言うSUICAのような悠遊カードというICカードを主に使用しています。よって僕の場合はこの悠遊カードにチャージした合計額が月の交通費です。

僕の家から学校までは往復で40元、それにかけることの20日分で、最低でも月800元(2,640円)は掛かります。あとは放課後や休日に外出する分を含めると、ひと月合計で大体1,000元~1,200元(約3,600円〜4,320円)くらいになることもあります。

それでも台湾の公共交通機関は日本と比べれば全然安いので助かります。もうJRとか乗れません。

日用品代 1,162円(323元)

学校で使用する文房具、ティッシュや洗剤などの生活用品がこの日用品代に含まれます。

ちなみに僕はシャンプーや洗顔料、化粧水などの日々体に触れるものは日本から持ち込んでいまして、これらの水回り用品に関しての費用はかかっていません。

ファッション代(クリーニング代込み) 2,160円(600元)

五分埔のお店前に積まれた服

台湾にいる時は服自体をほとんど買っていないのですが、それでも消耗していく衣類はどうしてもあるので、肌着や靴下などは必要な時に都度買い足しています。

また家に洗濯機はあるものの構造上の問題で服が干せないので、週に1回服を乾かすためにコインランドリーの乾燥機を利用しています。それが1回50元x4週で200元(約720円)のクリーニング代になっています。

交際費 1,296円(360元)

レジャー代や友人等との交際に関連する費用がこの交際費に含まれます。

友人が少ないので普段は滅多に発生しない交際費ですが、この月はレジャー施設の入場料を払ったり、友人への誕生日プレゼントを用意したりしました。

台湾での1ヶ月の生活費まとめ

項目元(台湾ドル)
家賃(ネット代・水道代・ケーブルテレビ代込み)11,000元39,600円
光熱費(電気代のみ)965元3,474円
通信費(スマホのネット代)450元1,620円
食費8,920元32,112円
交通費800元2,880円
日用品代323元1,162円
ファッション代(クリーニング代込み)600元2,160円
交際費360元1,296円
合計23,418元84,304円

ということで僕の台湾(台北)における1ヶ月の生活費は日本円で84,304円という結果でした。

台北以外の場所で暮らした場合の生活費の目安

高雄の路上

実は台湾における最大の節約方法は台北に住まないことと言われるほど、台湾内において台北は飛び抜けて生活コストが高く、特に家賃・食費に関しては大きな差が生まれます。

ということで台北以外の地方都市で暮らした場合の1ヶ月の生活費の目安も記しておきます。

家賃に関しては台北以外の台中や台南、高雄などの地方都市で5,000元(約18,000円)出せば、台北の家賃10,000元(約36,000円)の部屋と同程度の部屋に住むことができるでしょう。

食費も台北で生活した場合の食費から2,000元(約7,200円)は減らすことが可能だと考えられます。

すると今回の僕の台北の生活費から7,000元(約25,200円)を引いた59,104円が、台北以外の台湾地方都市に暮らした場合の1ヶ月の生活費の目安になります。

最後に

以上、台湾在住日本人による台湾の1ヶ月の生活費の紹介でした。

旅行をしたりクラブへ行ったりお酒を飲む等の台湾で比較的お金のかかることをしなければ、台湾(台北)での生活費は10万円以内に収まるということですね。

これから台湾に住もうと考えている方は是非ご参考ください。

※1元=3.6円で計算(2019年1月21日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

中山新光三越
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5