1. 台北駅から台中駅へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを紹介

2017.02.122018.09.17 Update

台北駅から台中駅へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを紹介

ども台湾の台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。台湾のバスは日本と比較すると交通費が非常に安く、路線も豊富で基本的にどこへでも行くことができます

例えば台北から台中へ行く場合、主な交通手段としてはバスや新幹線がありますが、運賃には結構開きがあります。

バスなら移動時間は大体2時間で運賃は約800円。一方新幹線は1時間で台中市内に到着しますが早割りセールのチケットを買ったとしても約1,600円かかります。(しかも到着するのは市街地から離れた場所)

こういった要因から僕は普段台北から台中へ行くときバスに乗ることが多いです。ということで今回は台北駅(台北轉運站)から台中駅(台中火車站)へバスで行く方法を紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

台中駅行きバスチケットの買い方

台北轉運站(台北バスターミナル)

台北にある台北轉運站というバスターミナルからは色々な会社のバスが出ているのですが、台中駅(台中火車站)まで行くバスを扱っているのは「Ubus(統聯客運)」です。

はじめにこのUbus(統聯客運)のバスチケットを買う方法をいくつか紹介していきます。運賃はいずれの場合も300元(約1,080円)です。

1.台北轉運站(バスターミナル)で買う

Ubus(統聯客運)のバスは「台北轉運站」という台北駅のバスターミナルから出ます。その台北轉運站の1階へ行くと各バス会社の窓口がずらっと並んでおり、こちらの11〜20番の「統聯」の窓口でチケットが購入できるようになっています。

購入する時は「台中車站,一張(タイヂョンチャーヂャン、イーヂャン)」と窓口の人に伝えます。もしくはこの文言を紙かなんかに書いて見せましょう。支払いにはクレジットカードも使えます。

2.台湾のコンビニにあるマルチメディア機器で買う

バスターミナルまで行って買わなくてもコンビニで買うことも可能です。下記の記事では台湾セブンイレブンにあるibonで購入する方法を紹介しておりますのでご参考ください。

3.インターネットで予約購入する

さらにUbus(統聯客運)のバスのチケットはネットからでも購入可能です。

ネットで購入した場合はバスセンターの窓口で予約番号を伝えるか、上で紹介した台湾のコンビニにあるibonなどのマルチメディア機器を操作することで、チケットを受け取ることが出来ます。

バスターミナル及びバス乗り場の場所

台北地下街にある台北轉運站(台北バスターミナル)の案内

チケットの用意ができて、バスに乗る日時を迎えたらバス乗り場へ向かいましょう。上でも述べましたが台北駅から出発する場合、バスターミナルの場所はチケットを買う場所と同じ「台北轉運站」です。

台北周辺の地下街から向かう場合は「台北轉運站(Taipei Bus Station)」の案内を追っていってください。バスターミナル現地で当日のバスチケットを購入した場合はそのまま各バス会社の窓口裏手にあるエスカレーターを使ってそのまま上の階へ上がります。

台北轉運站(台北バスターミナル)のフロアガイド

今回購入した台中駅(台中火車站)行きのバスは3階から出ます。3階で乗り場が更に何個かに分かれていますが今回乗るバスは「303」か「316」の乗り場から出発します。

各バスの出発案内

3階に着いたら基本的には「303」か「316」の人が並んでいる方の乗り場へ行けば問題ありませんが、不安な人はフロア内のどこかにあるモニタ上にバスの出発情報が表示されていますので、自分の持っているチケットの出発時間(發車時刻)と照らし合わせて、乗り場(月臺)番号を確認しておくと確実です。

それでもハッキリしない場合は、カウンターにいる係員にチケットを見せて身振り手振りで聞いてみましょう。若い人なら英語ある程度話せますし親切に教えてくれるはずです。

バスの乗り方

台中行きのバスが出る乗り場

予定出発時間になりバスがやって来ると係員の方が呼びかけてくれるので、係員の方にチケットを見せてバスに乗りましょう。大きな荷物を持っている場合は乗車前に荷物格納庫に預けてください。

台中行きバスのチケット

車内に入ったらチケットに書かれている番号の席へ座りましょう。ちなみにチケットをバスターミナルの売り場で当日購入した場合は、この座席番号が書いていないことがあります。

その場合は当日乗車の列に並び、座席が決まっている人の優先乗車が終わった後、空いている席に座る流れになります。

Ubus(統聯客運)のバスの車内設備

Ubus(統聯客運)のバス車内

今回台中駅に行くために乗車するUbus(統聯客運)のバスの車内の様子も少し紹介します。座席はこのように3列シートになっていてとても広々しています。

各座席にあるUSBの充電用コンセント

各座席にUSBの充電用コンセントが設置されている上、(速度は期待できませんが)フリーのWi-Fiも飛んでいます。

車内トイレ

バスによっては車内にお手洗いもあります。これで長時間の移動も安心です。

台中駅に到着したらバスを降りる

台中駅付近の通り

大体2時間くらい走ると終点のバス停「台中車站」に到着するので下車します。

台中駅に一番近いバス停は終点なので下車地点のアナウンスに気を配る必要はありません。降りる時に荷物を預けている場合は忘れないよう受け取ります。

バスを降りたら道に沿って進んでいくと台中駅が右手側に見えてきます。

Ubus(統聯客運)の台中駅(台中火車站)行きバスの情報

台中駅前

運賃(料金)

バスの運賃は片道300元(約1,080円)です。

所要時間

台北駅(台北轉運站)から台中駅(台中火車站)まではスムーズにいくと大体2時間です。台湾の連休などと重なって渋滞が発生している場合は3時間以上かかったりします。

時刻表

台北から台中駅まで行くバスは2路線ありそれぞれ別の時刻表があります。どこを経由するかによって路線が変わりますが終点はいずれの場合も台中駅(台中火車站)です。

どちらかのバスが早朝深夜を除き大体10〜20分間隔でやってくるので、台中駅まで行くならば基本的にどちらに乗るとかは気にせず購入したチケットに書かれた出発時間(發車時刻)に来たバスに乗りましょう。

※1元=3.6円で計算(2017年2月12日現在)

台中は交通が不便なので効率よく観光するためには貸切チャーターがおすすめです

  • 送迎場所を自由に指定
  • 行きたい場所も自由にカスタマイズ可能
  • オプションで日本語ドライバーに変更可能
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

台中駅前

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5