1. 台中駅から鹿港(ルーガン)へのバスでの行き方を解説。赤レンガ造りのレトロな雰囲気の港町へ行ってみよう
Update

台中駅から鹿港(ルーガン)へのバスでの行き方を解説。赤レンガ造りのレトロな雰囲気の港町へ行ってみよう

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。先日台中に滞在していたのですが、ついでに前々から行ってみたいと思っていた『鹿港(ルーガン)』という場所を観光してきました。

なぜ行ってみたかったかというと台中に住んでいる友人たちが口々に「鹿港オススメ!」と言っていたからという単純な理由で、次に台中を訪れたら鹿港にも遊びに行こうと決めていました。

台中の人達がお勧めするのですっかり台中=鹿港に近い場所という図式が頭の中に出来上がっていたわけですが、台中から鹿港へ行く方法を調べていたら鹿港は台中市ではなく隣の彰化県にあることが判明し、同時に台中駅付近からだとアクセスが不便であることを知りました。

最終的には、台中駅(新幹線が通ってない方の『台中火車站』)付近から鹿港まで行く方法として一番簡単そうなバスで行く方法を探し出し無事鹿港まで行くことができたので、今回はその台中から鹿港へのアクセス方法を紹介したいと思います。

目次

台中駅から鹿港へ行く

バスの乗車場所と乗り方

台中駅(台中火車站)から歩いて10分ほどのところに鹿港行きの始発バスが出る『干城站』というバス停があります。ですが実は始発から2つ目の『金沙百貨』というバス停の方が台中駅から歩いて行くには近いです。

しかしながら、この金沙百貨(ショッピングモール)は建物自体と周辺が絶賛建設中のため、付近にあるバス停の位置がコロコロ変わっているようです。そのため今回は正しいバス停の位置が分かりませんでした。

干城站

よって今回は台中駅から少し歩きますが始発駅の干城站を紹介させて頂きました。休日や祝日はこの干城站から乗っていった方が確実に座っていけるので良いでしょう。

鹿港行きの6933路線のバス

鹿港行きバスの路線番号は6933です。

運賃の支払い方は、悠遊カードなどのICカードを持っている人はカードリーダーにタッチして乗車します(下車時もタッチ)。

ICカードを持っていない場合は運転手さんに「到鹿港站,多少錢?… 鹿港站までいくらですか?」と言って(もしくはこの文章を見せて)、運賃を聞いた上で乗車時にお支払ください。

バスに乗車したら終点の『鹿港站』まで乗り続けます。

運賃

運賃には現金払いの場合は未検証ですが、悠遊カードを使った場合は始発(干城站)から終点(彰客鹿港站)までで93元(約320円)でした。移動距離と時間を考えればそこそこリーズナブル。

時刻表

台中↔鹿港バスの時刻表から何時にバスがやってくるか確認できます。ご覧の通りバスは1時間に1,2本で非常に少ないです。行きは良いですが帰りは終バスが20時5分であることをお気をつけください。

順路

とても見づらい上スマホだとうまく動作しませんが、公車路線資訊から順路及び停車するバス停を見ることができます。

始発から終点までにバス停はザッと数えて約70個あり、当然時間が掛からないわけがなく平日の昼間で行きも帰りも約2時間かかりました。ちなみに2時間ちょいあればバスで台北から台中へ行くこともできるのでかなり長い道のりですね。

鹿港や台中観光地も効率よく回るならツアー参加がおすすめです

  • 日本語ガイド
  • 台中の有名観光地「彩虹眷村」 「高美湿地」 「宮原眼科」も合わせて観光
  • 「春水堂」でのランチ付き

鹿港の様子を紹介

鹿港の周辺マップ

鹿港の様子を少し紹介します。これは観光客向けの鹿港の周辺マップで赤い○で印をつけた辺りが行き帰りのバスが停車する場所です。

鹿のオブジェ

語学学校に通ってる時に使っていた教科書によると、かつてこの辺りには鹿が非常に沢山いたらしいです。だから『鹿港』だとかなんとか。地名の由来については他にも色々な説があります。

鹿港の老害の街並み

レトロな雰囲気の街並みが見えてまいりました。

新祖宮

西日が当たっていい感じになっている新祖宮というお寺。

老街の建物の門

歴史を感じる門。

赤レンガの建物

レンガが建築資材に使われている建物って雰囲気出ますよね。狼でも吹き飛ばすことはできない。

細めの路地

こういう細くて味のある路地が沢山あります。

陶器のお土産屋

陶器のお土産屋さん。

天后宮前

天后宮前の屋台が立ち並ぶ場所。

海鮮の屋台

鹿港はその名の通り港町なので海鮮が美味しいです。一口サイズの蟹とエビを頂きました。お値段は100元(約330円)/100gです。

鹿港から台中駅へ帰る

さて帰りですが、帰りのバスは来た時に降りた場所ではなく、そこから少し離れた『彰化客運鹿港乘車處』という場所から乗車します。

彰化客運鹿港乘車處

バス停の前に椅子が設置されている待合室があるので中に入ってバスを待ちます。日が暮れる時間になるとバスは1時間に1本しか来なくなるので事前に台中行きの時刻表(上段)をよく確認しておきましょう。

台中行きのバスの時刻表

乗るバスは行きと同じく6933です。終点まで乗っていれば台中駅付近に到着します。

※1元=3.3円で計算(2016年11月6日現在)

鹿港や台中観光地も効率よく回るならツアー参加がおすすめです

  • 日本語ガイド
  • 台中の有名観光地「彩虹眷村」 「高美湿地」 「宮原眼科」も合わせて観光
  • 「春水堂」でのランチ付き
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

鹿港の老害の街並み
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5