1. ハーゲンダッツ級に美味しいアイスが破格でたっぷり食べられる台北地下街の「3546冰淇淋」を紹介

2017.04.162017.11.06

ハーゲンダッツ級に美味しいアイスが破格でたっぷり食べられる台北地下街の「3546冰淇淋」を紹介

カテゴリー

台湾台湾生活記

タグ

,

台湾は1年を通して比較的暑い日が多いのですが、そこで食べたくなるのはやはり冷たいものでしょう。

おそらく日本人にとっての台湾の冷たい食べ物といえば『マンゴーかき氷』などが挙がるかと思います。が、台湾通の皆さまは冰讚とか思慕昔とかアイスモンスターとかって正直行き飽きましたよね?

そこでお勧めしたいのが台北地下街Y區にある『3546冰淇淋』というアイスクリーム屋さんです。大げさかもしれませんがハーゲンダッツと同等くらい濃厚で美味しいアイスが破格で食べられるお店なんです。

というわけで今回はその『3546冰淇淋』の場所やお店の雰囲気、注文方法などを紹介していきたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

「3546冰淇淋」の場所

場所は台北地下街Y區のY19とY21出口の間にあります。人気のジューススタンドSoft Drink Bar 昇興食品坊の向かい(反対側の通路)です。

ちなみに台北地下街Y區は桃園機場MRT(桃園空港線)と直結していまして、桃園機場MRTの台北駅からお店までの距離もそこそこ近いので、MRTを利用して桃園空港から台北へ行く場合はこちらでウェルカムアイスを楽しむのもいいかもしれません。(適当)

3546冰淇淋の看板

さてお店の前にやってきまして、こちらがお店の看板でございます。

正直に言ってください。思いましたよね?「おいしくなさそう…」って。

分かります。めちゃくちゃ場末感出てますからね。火鍋屋とかの片隅にある食べ放題アイスくらいのクオリティを想像しますよね?

3546冰淇淋に並ぶ人々

僕もここを通り掛かる時はいつもそう思ってました。けどこんな感じで地元台湾人から台湾で暮らす外国人までお客さんが常にめちゃくちゃ並んでるんですよ。

すると段々「こりゃこの店は何かあるに違いない」って思い始めるじゃないですか。…ということで今回ついに試してみましたという話です。

注文方法

注文方法

列に並びまして自分の番がきて店員さんに話しかけられたら、まず食べたいアイスの球の数をシングルなら「One」、ダブルなら「Two」と伝え、次にアイスを盛り付ける器をコーンにするなら「Corn」、紙のカップにするなら「Cup」と伝えます。

メニュー表

後は指差しで自分の食べたいアイスを選びましょう。店頭に全種類のアイスの名前が書かれた小さなメニュー表が置いてありますので、中国語が話せない場合はこのメニュー表を使ってアイスの名前に振られた番号を伝えるとスムーズです。

アイスをすくう店員さん

アイスは内側にいる店員さんがその場ですくって盛り付けてくれます。

選べるアイスの味

アイスが入ったケース

選べるアイスの味は全部で約40種類と豊富で台湾らしく芒果(マンゴー)はもちろん、榴槤(ドリアン)や荔枝(ライチ)、波羅蜜(ジャックフルーツ)、情人果(青マンゴー)など日本ではあまり見かけないフルーツフレーバーのアイスもあります。

また、お店の名前である「3546冰淇淋」の数字の部分は「“35”元で“46”種類(のアイスが食べられる)」という意味で、僕が訪れた日は44種類のアイスが置いてありましたが、時期によって選べるアイスの味が変わったり種類も増減するようです。

値段

値段はシングルは25元(約90円)、ダブルは35元(約126円)ということでとにかく安いです。

食べてみる

苺ミルク+チョコチップバニラ

盛り付けが終わるとアイスを渡されるのでお会計を済ませます。

台湾の飲食店は基本的に提供する量についてケチケチしませんが、こちらのお店で出てくるアイスも同様です。

写真だと伝わりにくいですが1つの球の大きさが子どもゴリラの握り拳くらいでかいです。実は子どもゴリラとか見たこと無いんですがそれぐらい大きいです。

青パパイヤ

日本だったらスーパーとかに売ってるラクトアイスじゃなくて外でヨーロッパとかあの辺からきた美味しいアイス食べようと思ったら、ちっさいのでも400円とか500円とかすると思うので本当にお得感があります。

味も食感も良い意味で予想を裏切ることを保証します。まぁこの価格なら別に一回くらい騙されて食べてみてもいいですよね。

ちなみに僕のおすすめは『荔枝雪酪(ライチシャーベット)』か『草莓牛奶(ストロベリーミルク)』です。

最後に

3546冰淇淋店頭

台湾の焼肉食べ放題店には肉だけではなくハーゲンダッツも食べ放題で提供するお店がありますが、肉でお腹が満たされたところにアイスを詰め込んでも美味しさ半減です。暑い日に好きなタイミングで食べるのが本当に美味しいアイスの食べ方だと思います。

4月の時点で30度を超える日がちらほら出てきて既にかなり暑い台湾ですが、これから本格的に暑くなっていくので台北にいらした際には是非涼しい台北地下街にてこちらのアイスをお試しくださいませ。

店舗情報

3546冰淇淋(30 Ice Cream 創始店)

台北市中正區台北地下街30號地図(Googleマップ)で見る

営業時間/11:00〜22:00

定休日/なし

※1元=3.6円で計算(2017年4月16日現在)

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

日式涮涮鍋

台湾での外食生活で不足しがちな野菜を食べるならこのお店! 野菜もしっかり摂れてお腹いっぱい食べられる台湾のおすすめ飲食店4つ

さて台湾に移住してからというものの、日本で一人暮らしをしていた頃は徹底した自炊生活を行っていた僕も、今では食事は完全に外食だけになってしまいました。家にあるキッチン雑貨は飲み物用のコップくらいしかあり...

注文表兼メニュー

台湾のレストランでメニューを見てもどんな料理か想像できない! そんな時はGoogle翻訳を利用して料理名を検索するとなんとなく分かるよ

台湾でご飯を食べようと思ってお店に入って、漢字を見て想像で適当に頼んでみたら全部ご飯物が出てきちゃったり、全部スープものが出てきちゃった事とかありませんか!?僕はあります。 こういった海外でご飯を食べ...

お皿に持った黒落花生

ちょっと変わった台湾土産にどうぞ。 迪化街で「黒落花生(黒ピーナッツ)」を買ってみた

みなさんは黒い落花生があるのはご存知でしょうか? もともとは中国から伝わった品種で、日本の国内産落花生の約7割を生産している千葉県では希少な落花生として生産されているそうです。 実はその日本国内では貴...

Have a nice 479外観

台湾のおしゃれアイテムを探すならこの場所へ! 台北の富錦街周辺にある雑貨屋・インテリアショップを紹介

ども、買うことは滅多にないけど雑貨やインテリア用品を見るの大好きナカジマチカ(@nakazimachica)です。 突然ですが台湾には松山空港の近くに富錦街という、台湾の他のどの地域にもない雰囲気を持...

金煌芒果(金煌マンゴー)

台湾現地で買って食べれば新鮮でお得! 台湾の果物屋さんでマンゴーなどのフルーツを購入して食べてみよう

今年2017年の台湾の夏はマンゴーが豊作なようで連日マンゴーを食べまくっておりますナカジマチカ(@nakazimachica)です。 ところで皆さんは台湾に来た時、どのようにして台湾のフルーツを口にす...

フルーツジュースの材料

厳選4店舗! 台北で濃厚生搾りフルーツジュースが飲めるドリンクスタンド

僕は日本の実家に帰ると自家製ジュースを作る習慣があるのですが、そんな僕が台湾にある好きな物のひとつに、フルーツをその場でミキサーにかけて作る新鮮なフルーツジュースがあります。 台湾に住み始める前は、そ...

台北の道路を走るバス

目的地までのバスの上下車地点と順路を楽々検索。バスアプリ「台北等公車(BusTracker Taipei)」の便利な使い方を紹介

僕は現在台湾の台北市に住んでいるのですが、その利便性の高い場所故にMRTに乗る機会がめっきり減りまして、最近はバスかYouBikeばかり利用しています。 その2つの交通手段の中で特に活躍しているのがバ...

ガラスケースの中に入った食材

台湾お馴染みのB級グルメ「滷味(ルーウェイ)」の購入方法を紹介

みなさんは台湾の路上や夜市などで台湾人がザルとトングを構え、店頭に並べられた茶色っぽい物体を熱心に選んでいる様子を見かけた経験はないでしょうか? それはおそらく台湾でスタンダードなB級グルメとして愛さ...

並べられたカットフルーツ

フルーツ盛り合わせが200円! ビタミンが足りない台湾師範大学の学生はMRT古亭駅近くにある「古亭水果吧」で摂取するといいかも

台湾で生活を始めてから肉や米、麺が中心の食生活になってしまい、尚且つそいつらは大体油っこいときてるので、日本人なら日本で生野菜をかじっていたフレッシュな私を取り戻したいと思う方もきっと多いんじゃないで...

ビールを飲みながら釣り

釣る! 飲む! 食べる! 台湾ローカルレジャー「エビ釣り」をやってみた

学校の友人達と台湾のエビ釣りへ行ってきました。 台湾のローカルレジャーのひとつにエビ釣りがあるという事は前々から知ってはいたのですが今まで行く機会に恵まれず、この度友人に誘ってもらい初めて行ってきまし...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook