1. 「ナカジマチカ」トップページ
  2. 台湾
  3. 台湾留学記
  4. 台湾留学に持っていって良かったおすすめ持ち物リストを紹介
Update

台湾留学に持っていって良かったおすすめ持ち物リストを紹介

ども、かつて台湾で語学留学を経験し現在も台湾に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。

これから中国語を学びに台湾へ留学されるみなさんは、新しい生活への期待を抱く一方で様々な不安もあると思います。例えば「台湾留学には何を持っていけば良いんだろう?」という悩みがおそらくありますよね。

僕も台湾へ出発する前は悩みました。ですが今では台湾での留学生活を経験したことで、ある程度は台湾での留学および生活に必要な物の判断ができるようになりました。

そこで今回は台湾留学を1年間経験したことがある僕が持っていって損はない台湾留学必須アイテムを紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

台湾留学に持っていって良かったおすすめ持ち物リスト

クレジットカード

台湾で生活するためには兎にも角にもお金が必要です。そして現金がない時の支払い手段やいざというときにATMで現金を引き出すツールとして使えるクレジットカードは海外生活において必携アイテムです。

ここでは年会費無料且つ比較的簡単に申請できるクレジットカードの中で僕が所持しているクレジットカードを紹介します。

楽天カード

僕が海外でキャッシングや買い物をする際に一番よく使っているカードです。ポイントを貯めて日本での支払いに使用します。

楽天カード

三井住友カード(学生)

三井住友カードは通常2年目から年会費が発生しますが、学生の方は年会費が初年度以降もずっと無料なので作っておくと良いと思います。

他のクレジットカードと異なる特長は任意のタイミングで付帯の海外旅行保険を発生させることが可能です。

三井住友カード

電子機器

SIMフリーのスマホ

説明不要の必須アイテムですね。SIMフリーのスマートフォンは必ず用意していきましょう。

台湾で外でも自由にネットを使いつつ通信費をできる限り節約するためには、現地で購入したプリペイドSIMカードをSIMフリーのスマホで利用するのが最良の手段です。

僕はiPhoneのSIMフリー版を使っていますが、最近は3,4万円台でも良いスマホはたくさんあるので、まだSIMフリーのスマホを持っていない方は留学用及び海外旅行用に1台持っておいて損はありません。

モバイルバッテリー

外出時によくスマホを使用する人は、モバイルバッテリーをあわせて用意しておくと必ず役立ちます。

ノートPC

日本語が恋しくなった時に日本語番組やYouTubeの視聴、中国語の単語や文法を調べる時、台湾で暮らすための情報を集める時などのシーンで大活躍するので、スマホとあわせてPCを1台持っていって損はないです。

けど実際は上記の事はスマホでも可能です。では何をする時にPCが真価を発揮するかというと、僕の場合は授業の課題の資料を作る時でした。スマホでも頑張れば作れますがPCで作業をした方が画面も大きく遥かに効率が良いです。

あとは僕の場合日常的にPCを使う仕事もしてましたし、ブログを書く時もスマホでポチポチ文字打つよりPCで打ったほうが早いのでPCを触らない日は基本的にありませんでした。必ず役に立つので軽量のノートPCを一台留学のお供に加えてみましょう。

外付けSSD

PC周辺機器としてはポータブルの外付けSSDも欲しいですね。写真や動画をよく撮る方は必携だと思いますが、普段大容量のデータを扱う機会がなくてもバックアップ用としてひとつ用意しておきたいところです。

電源タップ

台湾の家ってコンセントの位置が結構微妙なんですよね。電子機器を置きたい場所に限って近くに電源が無かったりします。

普段そんなにPCなどの電子機器を使わないとしても、コンセントの位置を変更できるようにしておくことが大事で、2個口とかの小型でも良いので持っていくと役立ちます。

今ならUSBポートが付いているタイプを用意していくとスマホの充電などで更に重宝するでしょう。

鼻毛カッター

台湾は空気が悪いから鼻毛がよく伸びる(気がする)。

バッグ類

バックパック(リュック)

学校に通うとなると家から学校まで教科書やら宿題帳やら重い教材を運ぶ必要が出てきます。知っておいて欲しいのはその教材を毎日トートバッグ等で持っていくと段々しんどくなるということです。

バッグ自体も教材の重みや、地域によっては振りやすい雨でやられてしまう可能性もあります。

となればやはりある程度の重みや水気に耐えられる丈夫なバックパックを用意していくのが良いでしょう。というかバックパックを中心に持っていく洋服の構成を考えたほうがいいんじゃないかなってぐらい毎日通学する人にとって丈夫なバックパックはキーアイテムです。

トイレットバッグ

旅行以外のシーンでも意外に使えたのがトイレットバッグ。水回りのスペースが狭く収納に乏しい台湾の賃貸では活躍すること間違いなし。

これひとつにアメニティ類をまとめておけば、どこか旅へ行く時もジッパーを閉じてバッグに詰め、目的地に着いたらその辺にかけるだけで済むのでとても楽です。

衣類

UNIQLO(ユニクロ)のダウンジャケット

台湾にもUNIQLOはありますが日本と比べると商品価格が若干高いので、薄手のダウンジャケットを1枚買っておくと良いでしょう。

特に台北で冬を過ごす予定のある方はこいつ(とか言えなくなる)に救われる日が必ずくるはずです。UNIQLOのウルトラライトダウンジャケットは神。

UNIQLO(ユニクロ)のインナーウェア(下着・靴下・ヒートテック系・ドライTなど)

ユニクロ製品は台湾で買うと値段が若干高いっていうのは同上で、台湾のその辺の服屋で肌着や靴下を買って何日か履いたら「あ、日本でまとめ買いしといて良かった。」って絶対思う日が必ずやってきます。

UNIQLO|ユニクロ公式オンラインストア

靴類

スニーカー(汚れが目立たない色)

僕が台湾へ遊びに来る家族・友人に対して口を酸っぱくして言っているのが「白い服・白い靴を身に着けないほうがいいよ」です。それは留学や仕事などで台湾に長期滞在する方も同様です。

例え屋外だろうがどこでも清潔な日本と比べれば、台湾の屋外の道や壁は決して綺麗とは言えません。

特に雨が降ってる時に白い靴を履いて外出すれば即汚れますし、白いパンツは靴から跳ねた落ちにくい汚れの黒い点々でいっぱいになります。

靴用防水スプレー

台湾人は雨の日はクロックスやらビーチサンダルやらを履いて外出するけど、それでもわしゃ普通のスニーカーやドレスシューズ履いて外に出掛けたいんじゃーいって方はお出かけ前に防水スプレーでシュッとしときましょう。

スプレーで靴の表面をコーティングすることで雨だけではなく汚れも弾いてくれるので靴の寿命を伸ばす効果もあります。

日用品

メガネ

視力を矯正する必要がある方は滞在する日数分だけコンタクトレンズを持って行っても良いですが、その内周りに影響されて眼鏡をかけないオシャレをするのが面倒になります。だから掛けるだけでオシャレに見えるようなメガネを日本で作っておきましょう。

折たたみ傘

台湾(特に北部や東部)は雨が多いです。

現地でも安く購入することはできますが、何回か台湾で安価な折りたたみ傘を購入して使ってみた感想は、日本で売られている傘と比べ、耐久性・重さが明らかに劣ります。

日本で数千円くらいのしっかりした晴雨兼用の軽いものを買って持ってきた方が経済的です。

ノート

台湾のお店ではA4サイズ以上のノートが売られていないことが多いので、大きいサイズのノートを使い慣れてる人は日本でノートを買っておくといいかもです。

アメニティ

(自分に合った)シャンプー

以前からこのブログでずっと布教していたJAMIANNE(ジャミアンヌ) モイストグロッシー シャンプーというシャンプーがあり、それをずっと使ってたんですけど残念ながら僕の留学生活終了後間もなく生産中止してしまいました。

というわけで次に辿り着いたシャンプーがこちらです。

使い始めは洗髪時に少しキシキシするのが気になりましたが、前髪がすぐ妖怪油おじさんになってしまう人はこのシャンプーを使うとびっくりするほど改善すると思います。

夜まで継続するサラサラ感。そしてノンシリコン。何より1,000mlも入っていて2,000円以下という安さにも注目です。

(自分に合った)洗顔料

洗顔料も同じく直接肌に触れるものは自分に合ったものを持っていくのが無難です。現地で購入した物を使ってお肌のトラブルが起こったら毎日鬱じゃないですか。

泡立てネット

もはやシャンプーにしても洗顔料にしてもモコモコさせないと気が済みません。

医薬品

風邪薬

台湾に来て間もない、中国語がまだ上達していない時に、具合が悪くなってから薬局へ行ったり病院へ行くのはかなり厳しいと思うので、万が一のために日本で日本語で説明を読める薬を用意しておくと安心です。

葛根湯

風邪を引きそうな時は何度か葛根湯を飲んで事前に食い止めた気がします。けど一番の風邪対策はやはり人が多い時間に外を出歩かないことですね。

防虫グッズ

おすだけノーマット

台湾は日本と比べると気密性が低い建物が多く、気候も高温多湿なので虫がバンバン入ってきます。そうなると後述するアイツの存在は必然なのですが、それ以上に我々の生活を蝕むのは蚊です。

そこで役立つのがこちらのおすだけノーマットです。使い方はとにかく簡単。部屋にシュッとワンプッシュするだけで防虫効果が24時間持続します。

値段もお手頃ですし、常に稼働させておく必要のあるアースノーマットや蚊取り線香よりも身体への影響が少なそうな点も嬉しいです。

これを日本から持ってきて、台湾で売られている白花油も併用すれば、台湾生活における蚊対策はほぼ問題ないでしょう。

ゴキブリキャップ

おそらく人によっては最最最優先事項になるであろうヤツ対策。留学時代、新北市の賃貸に住んでた時は、多分これのお陰で1年間で一度も室内で遭遇しませんでした。それでも出るときゃ出るのでその時は諦めてください。

最後に

台湾留学に持って行った持ち物

以上、僕が台湾で留学した時に日本から持って行って良かったと思った持ち物リストでした。

台湾の雑貨屋さん・薬局・スーパーでは日本製品、または海外製だけど台湾で買っても間に合いそうな物もたくさん売っております。

こちらのリストを参考の上、自分の生活スタイルに合わせて日本から必要なものを持って行っていきましょう。

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県出身。会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の語学留学、1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

台湾留学に持って行った持ち物
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県出身。会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の語学留学、1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5