1. 台南の奇美博物館へ行ってみた。台南駅からの行き方や現地の様子を紹介
Update

台南の奇美博物館へ行ってみた。台南駅からの行き方や現地の様子を紹介

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

以前から台南に台湾っぽくない博物館があることを耳にしておりまして、先日台南に滞在した際にその博物館「奇美博物館」へ行ってまいりました。

ということで今回はその奇美博物館への台南駅からのアクセス方法、奇美博物館の様子を紹介いたします。それではご覧ください。

目次

奇美博物館とは?

オリンポス橋ごしの奇美博物館

西洋絵画、彫刻、楽器などのコレクションを有する台南の総合博物館です。

バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂を思わせる博物館の外観デザインが、台湾にある博物館の中では異彩を放っています。

台南駅から奇美博物館への行き方

台南駅外観

まずは台南駅(台南車站)へ行きます。

台南駅の改札

台湾鉄道に乗ります。都度切符を購入して乗車するのも良いですがICカードを利用すると楽です。運賃はICカード利用で14元(約50円)でした。

台南駅2番ホーム

2番ホームから潮州、新左營、沙侖いずれかに向かう區間車に乗ります。

台湾鉄道の駅案内

電車に乗ったら台南駅の次の駅の保安駅へ行きます。

保安駅

保安駅には大体10分で到着します。

保安駅から10分強歩くと奇美博物館に到着します。

保安轉運站

また、保安駅から出てまっすぐ進み、奇美博物館方面に向かって歩くと保安轉運站という場所があるので、そこに設置されているT-Bikeで奇美博物館の駐車場内にあるT-Bikeステーションまで行くことも可能です。

奇美博物館の様子

奇美博物館の屋外展示

展示エリアへの入場料(常設展)は200元(約700円)かかりますが屋外エリアは公園のように一般開放されています。

奇美博物館は展示エリアだけではなくこの屋外エリアも見応えがあるので、この記事では主に屋外エリアの様子をお届けします。

奇美博物館常設展の入場券

展示エリアは撮影禁止だったため、この記事で紹介することはできませんがなかなか面白かったです(特に兵器コーナー)。

奇美博物館全体マップ

こちらが奇美博物館の全体マップです。全体を隈なく歩くと疲れるくらいの規模です。

奇美博物館の屋外エリア

緑に包まれた敷地内は風が抜けるようになっており非常に爽やかです。

休憩スペース

休憩スペースもたくさんあります。ただ屋根がある場所が少ないので熱中症などにお気をつけください。

杯のオブジェが置かれた十字路

杯のオブジェが中央に置かれた十字路。

オリンポスブリッジ

湖の上にかかった博物館へまっすぐ伸びる白いアーチ橋「オリンポスブリッジ」。

ヘラの像

橋の左右に並べられた像の中にはゼウスの正妻であるヘラの姿も。敷地内にはこのようにギリシャ神話の要素も見受けられます。

アポロン噴水広場

同じくギリシャ神話からの馬車に乗ったアポロン像が中央で荒ぶっている噴水もあります。

奇美博物館正面

博物館を正面から。

奇美博物館正面エントランス

正面エントランスに近づいた様子。古代ギリシア建築を思わせる印象的な円柱が目立っていることもあり、ここだけを切り取ると台湾ではない国にいるようです。

奇美博物館内部

展示エリア外なら建物の中を撮影できます。館内も美しいですね。

最後に

奇美博物館正面エントランスの円柱

以上、台南の奇美博物館のアクセス方法や現地の様子の紹介でした。

博物館の展示内容が素晴らしいのはさることながら、博物館へ入る前から台湾とは少し空気感を楽しめてしまうのが奇美博物館です。台南を訪れた際は是非行ってみてください。

施設情報

奇美博物館

台南市仁德區文華路二段66號地図(Googleマップ)で見る

営業時間/09:30〜17:30(最終入場は17:00まで)

定休日/水曜日

https://www.chimeimuseum.org/

※1元=3.5円で計算(2019年5月19日現在)

台南の観光地へまとめて行くなら台南1日ツアーもオススメ

  • 奇美博物館を含めた台南の有名観光地を効率よく楽しめる
  • ツアー参加までのやりとりは日本語対応
  • 観光施設の入場費用込み
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

奇美博物館正面
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5