1. 台湾で英語を学んでみた。「ジオス台湾」で英語レッスンを受けた感想

台湾で英語を学んでみた。「ジオス台湾」で英語レッスンを受けた感想

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台湾では2030年を目標に中国語と英語のバイリンガル国家にする政策が決定しましたが、最近僕は台北にあるジオス台湾で英語を学んでいます。

今回は僕がジオス台湾で英語を学び始めた理由、そしてジオス台湾で英語レッスンを受けた感想や結果などを書いていきたいと思います。それではご覧ください。

目次

なぜジオス台湾で英語の学習をはじめたのか?

ジオス台湾のカウンター

現在僕は台湾を拠点に生活しているため日常で使用する言語は中国語です。中国語が話せると台湾・中国をはじめとした中華圏の国はもちろん、その他の国へ行った時以外もそこそこ便利です。

とは言え、海外へ行くと英語が共通言語になることは多く、英語圏の人がいる場だと英語でコミュニケーションを取らざるを得ないことも多いです。

師範大学の語学センターに通っていた時は、初級の段階ではみんな簡単な中国語さえ話せない状況だったので、クラスメイトが流暢に英語で雑談するのを横目に、英語での簡単な会話ができない自分の能力を悔やみました。

こういった経緯もあり、実はここ数年台湾で生活しながら、毎日30分程度は英語を自習する時間を取っていたんですね。

そんな中、ジオス台湾さんからレッスンを受けてみないかというご連絡を頂き、僕にとっては願ったり叶ったり! というわけで、生まれてはじめて民間の語学スクールで英語を学ぶ運びになりました。

体験レッスン+レベルチェックを経て、スモールグループレッスンに参加

レベルチェックの結果

実際にレッスンを受けるまでの流れは、中国語レッスンの時と同じで、カウンセリング、レベルチェック( + 体験レッスン)を経て、受けるレッスンおよびクラスを決めます。

僕の英語は、更に高みを目指したいという中国語とは異なり、まず「会話を流暢にできるようにしたい」という段階だったので、ジオス台湾では週に1度2時間のスモールグループレッスン(最大5人の生徒が一緒にレッスンを受けるクラス)に参加することに決まりました。

スモールグループレッスンが選ばれたのは、僕の英語でのコミュニケーション力を高めるという目的に合わせ、ネイティブの講師だけではなく、様々な背景を持つクラスメイト達との会話を通して、色々な英語を聞き、またこちらからも伝えることに慣れるためです。

ジオス台湾で英語レッスンを受けた感想

授業の進め方

英語レッスンで使用した教材

もちろんレベルや希望する学習内容により授業内容は変わると思いますが、僕が参加したクラスの英語レッスンの流れは平行して受けている中国語レッスンと似ていて、前半は講師やクラスメイトとの雑談パート、後半は講師が教材に沿って文法や単語について解説したり、スピーキングやリスニングをバランスよく練習する形になっています。

担当講師

板書するジオス台湾の英語講師

僕のクラスの担当講師は、台湾で教えているので台湾人の癖はもちろん日本人の癖も熟知しており、僕もレッスン中は度々発音について指導して頂きました。

非常にフレンドリーな方で、授業外でも積極的に声をかけて頂き、毎回気持ちよくレッスンに臨むことができました。ちなみジオス台湾に在籍している講師は基本的に明るく紳士的な方が多いです。

クラスメイト

英語レッスンの教室

マンツーマンのプライベートレッスンを受けている中国語と異なり、英語レッスンはスモールグループクラスという最大5人が受けられるクラスで、僕以外にもクラスメイトがいます。

クラスメイトは僕を除くと全員台湾人、つまり僕は生まれて初めての台湾人の中に混じって授業を受けました。

日本人が話す英語については自分が日本人なので癖は大体分かっているつもりですが、英語を勉強中の台湾人が話す英語をしっかり聞くのこれが初めてだったので、耳にする様々なことが新鮮でした。

時々、僕が分からない英単語をクラスメイトの台湾人から中国語で助け舟を出してもらったり(それでも分からない時がある。笑)するなど、台湾で英語を学習している時ならではの状況が面白かったです。

ジオス台湾で英語レッスンを受けた結果

英語レッスンの板書

さて、楽しく学べたのは確かなのですが僕の英語力は伸びたのでしょうか。

正直に言うと僕の英語力は英語レッスンを受けはじめた当初から大きなレベルアップはしていないでしょう。

これはジオス台湾側の問題ではなく、僕が英語に触れている時間が圧倒的に少ないのが問題です。現在住んでいるのが台湾なので必然的に日常で触れる大部分の言語は中国語になります。

日本で英語を学ぶ場合も同様だと思いますが、机上で勉強した後は自ら積極的に英語と接触して練習時間を増やしていかなければなりません。

ですが英語のスピーキングもリスニングも全く慣れていない状態からのスタートだったので、英語力自体が伸びたとは断定できませんが、英語を話したり聞いたりしようとする力はグンと伸びたと思います。

フィリピン人の友人と英語で会話

実はジオス台湾で英語レッスンを1ヶ月半くらい受けた段階で一度日本に帰国し、その時ちょうど日本に居たフィリピン人の友人と会って食事をする機会がありました。

友人は日本語も中国語は話せません。そして僕もフィリピンの公用語であるタガログ語(フィリピノ語)は話すことはできません。

すると必然的に2人の共通言語は英語になるわけですが、スムーズとは言えないながらも英語でコミュニケーションを取り、相手の言うことを聞き取り、自分の言いたいことを伝えることができ、英語での会話に少し成長を感じることができました。

最後に

ジオスの紙コップ

以上、ジオス台湾で英語レッスンを受けてみた感想でした。台湾で台湾人と一緒に英語を学ぶという体験は思った以上に新鮮で楽しかったです。

台湾も日本と同じように英語を学ぶ選択肢は非常に豊富ですが、「英語力を伸ばしたい! けど住んでいるのが台湾。」という状況の方は、日本人サポートも万全なジオス台湾で英語を学んでみてはいかがでしょうか。

本ブログからジオス台湾の英語レッスンにお申込み・お問い合わせをすると様々な特典が受けられます

  • 入学金1,000元(約3,700円)が無料
  • 1対1の体験レッスン無料ご招待(台北市内の学校限定)
  • スムーズな日本語対応

※入学金無料の本ブログ特典は他の割引キャンペーン併用不可とさせて頂きます。
※1元=3.7円で計算(2018年12月16日現在)

施設情報

GEOS大世界外語學院-忠孝分校

台北市大安區忠孝東路四段212號5樓之1地図(Googleマップ)で見る

営業時間/月曜日〜金曜日 12:30〜21:30、土曜日 10:00〜19:00

定休日/日曜日

http://www.geos.com.tw/

施設情報

GEOS大世界外語學院-天母分校

台北市天母西路3號3之5 3樓地図(Googleマップ)で見る

営業時間/月曜日〜金曜日 12:30〜21:30、土曜日 10:00〜19:00

定休日/日曜日

http://www.geos.com.tw/

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

板書するジオス台湾の英語講師
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5