1. 僕がサラリーマンを辞めて台湾留学を決意した理由

2014.10.182017.06.09

僕がサラリーマンを辞めて台湾留学を決意した理由

カテゴリー

考察

僕は30歳になる直前に約7年間続けたサラリーマン生活をやめ、台湾へ渡り語学留学及び生活をすることを決意しました。

ということで今回は何故台湾へ移り住み、留学をしてみようと考えているか、その胸の内を書きたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

台湾留学を決意した理由4つ

  1. 独身・恋人なし・子どもなし…身軽
  2. 感じてしまった日本社会で生活し続けることのつまらなさ
  3. 僕が海外へ行くことに対しての両親の反応
  4. やっぱり台湾が好き

01.独身・恋人なし・子どもなし…身軽

いきなり個人的なことですけど、子どもはいないし当然結婚もしていなければ将来を語り合う恋人もいない、サラリーマンを約7年間続けたおかげで台湾へ1年間留学をした後日本に戻ってきたとしても少しゆっくりするくらいの余裕はある、といった感じで最高の舞台が整っていました。

嬉しいような悲しいような守るべき人のことを考えながら人生を設計しなくても良い状態。これはつまり新しいことを始めるにぴったりなタイミングです。

02.感じてしまった日本社会で生活し続けることのつまらなさ

晴海通りの橋

仕事と会社の往復、趣味で過ごす土日、また始まる一週間、そんな繰り返しの日常。

今後の人生において何か変化があるとしたら、趣味を増やしたり、転職したり、起業したり、結婚したり、家を買ったり、子どもを産んだりすること位じゃね?となんとなく自分の限界や最終到着地点が想像できてしまったことで、生きる事に対して楽しさを見い出せなくなっていきました。

勿論何かが勝手に起こるのを期待して台湾へ行くわけではないですが、今後更に自分が変わり成長していくために周囲の環境や人、そして時間の過ごし方を自ら変えていくことは、何かを寄せ付けるために良いきっかけとなるはずです。

新しい生活を始めるのはエネルギーが要るし何より未知のことに対して一歩踏み出すのは怖い。けど自分としてはこのモヤモヤを抱えたまま、現状の何にも引っ掛かりのない生活を淡々と送っていくことの方が怖いと思うようになっていきました。

03.僕が海外へ行くことに対しての両親の反応

実家で飼っている犬

自分にとってはわざわざ書くような事ではありませんが一応書いておきます。

留学を決意した後で実家に帰ったとき「今後は台湾で生活することを考えている。」と雑談を混じらせながら報告したところ「そっかー頑張ってね。」で終わりました。

僕の場合その境目がいつだったかは正確には覚えてませんが、ある程度大きくなってきたら親はもう僕のやることに対して寛大というか好きにやればいい、というスタンスだったのも大きかったと思います。

周りの人達を見ていると自分の人生を左右するような決め事をする際は、いくつになっても親と大体何か一悶着あるってのが定番が気がします。

たしかに僕も今の自分の同じくらいの年齢の子どもがいたとしたら「そろそろいい年なんだし身を固めて貯金で家を構えるなりしろ。」って言いたくなるような場面かもしれません。

親から見れば子どもいつまでも経っても子どもなんですけど、30近くになれば実際いい大人ですからね。自分のことは自分で覚悟を決め進んで、後はただ見守ってもらうのが正しき親と子の関係の在り方だと思います。

04.やっぱり台湾が好き

台湾の夜市

海外で暮らすのは正直言うと不安だらけです。が、台湾ならなんとかやっていけると思ってます。ローカルの食べ物は手頃で美味しいし、接していて気分が悪くなるような人もいない、生活のリズムも何となく良い。あと女の子も可愛いし(大事なモチベーション)

あと初めて台湾という国に足を踏み入れた時、体がその場所に馴染む謎の感覚が自分の中にありました。生まれ育った日本を離れ台湾で生活することを考えてもそこまで不安には思いません。むしろ気持ちが高揚します。

考えてみると実は台湾へ行くことにあまり深い理由はありません。好きだから行く。そして好きなことなら多少の嫌なことに対しても鈍感に突き進める気がしています。

最後に

ちなみに僕は決して中国語が学びたいわけではなく、台湾へ留学して言葉や文化を学んだりするのはあくまで手段として捉えています。好きな場所にいるんだからついでにその場所にいる人達が使う言葉も学んで、より台湾及び台湾人を理解したいという思いです。

あとは自分が好きな場所で生活したら人生が楽しくなりそうだからそこにどっぷり浸かってみたい、結局只それだけの理由です。最近よく聞くグローバル社会とか国際化がどうのこうのとか正直どうでもいいです。この経験を活かして就職とか一切考えていません。

今の生活も日本も悪いわけではない。だけどもっと楽しそうなことが埋まっていそうな場所での新しい体験のチャンスを失わないようにしたいだけです。

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

香港

どんな人が“外国人と会話ができる”外国語を話せるようになりやすいのかって話

何だかんだ言っても体感ではここ数年で日本国内に外国人が増え、外国の文化や外国人に接触する機会がどんどん多くなっていますね。僕は年に1,2回ほど日本へ戻ったりするのですが、その度に「外国人増えたな」って...

米朗琪のワッフル

台湾留学生活の中で休日や暇な時に僕がよくやっている事とか

なんかね、こういう事を書き出すとそろそろ留学生活の終わりの始まりみたいで寂しい気持ちになってきますね。台湾留学終活中のナカジマチカ(@nakazimachica)です。 僕は今、台湾で語学留学生として...

ブックカフェのテーブル

僕が社会人を経験してから台湾へ留学して良かったと思えた理由

既に学校を卒業して社会に出られている人の中には、台湾が好きだから中国語を学びに台湾へ留学してみたい、もしくは今は資金が足りないけど働き出してお金が貯まったら台湾へ留学してみたいという想いを抱いている方...

台湾ドル

台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する

日本と距離も近く中国語環境もある台湾。「中国語を勉強するために台湾へ1年間くらい留学してみようかな」と考えたことがある方はいらっしゃいますよね。僕も数年前はそうでした。 そう思った時、僕は既にいい大人...

台湾のオンラインビザ申請サイト05

台湾でワーホリをするためのオンラインビザ申請書の書き方

台湾でワーホリをするために書類を集める段階で気づくことがあるのですが、台湾のワーキング・ホリデービザを申請するためには事前に一部オンラインでの手続きが必要です。 ところがそのオンライン申請、当然っちゃ...

ワーキング・ホリデービザ申請窓口

台湾のワーホリビザを申請してきたので、申請に必要なものや取得までの流れを紹介

ども、少し前に1年間の台湾語学留学から帰ってきて、今度はワーホリビザを利用して台湾に長期滞在しようとしているナカジマチカ(@nakazimachica)です。 台湾のワーホリビザの申請方法は語学研修用...

台湾留学に持って行った持ち物

台湾留学に持っていって良かった持ち物のリストを紹介

これから台湾へ中国語を勉強しに留学される皆さんは、新しい生活への期待を抱く一方で様々な不安もあると思います。そしてその不安になる事のひとつに「台湾留学には何を持っていけば良いんだろう?」がおそらくあり...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook