1. 「ナカジマチカ」トップページ
  2. 台湾
  3. 台湾役立ち情報
  4. 台湾新幹線のオンライン予約・チケット受け取り方法を紹介
Update

台湾新幹線のオンライン予約・チケット受け取り方法を紹介

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台湾旅行をリピートしていると色々な地域へ行きたくなり、その交通手段として台湾新幹線の利用を考える方もいるんじゃないでしょうか。僕もそんな風に思ったことがあるひとりで、これまでに何度も台湾新幹線を利用して台湾旅行を楽しんでいます。

さてその台湾新幹線ですが、チケットは約1ヶ月前から指定席券込みで販売が開始されます。

つまり台湾現地に到着してから新幹線のチケットを購入しようとすると、時期によっては既に席が無くなっていることもあります。その場合せっかく立てたスケジュールも狂ってしまうことになるので、それだけは避けたいですよね。

ですが台湾新幹線のチケットは日本からでもオンラインで24時間いつでも予約・購入することができるようになっています。

そこで今回は台湾新幹線のオンライン予約方法と台湾現地に着いてからのチケット発券方法を紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

目次

台湾新幹線のオンライン予約購入手順

台灣高鐵の公式サイト

まずは台灣高鐵にアクセスします。

台灣高鐵公式サイトのオンライン予約タブ

「オンライン予約」を選択し、乗車駅と降車駅、出発日時(28日先まで選択可能)、車両の種類、チケット購入枚数を選択します。

復路の新幹線も往路と同じ2駅を利用し、出発時間などの詳細が確定している場合はコースのタイプを「往/復路」にして、復路の出発日時も選択します。

以上の項目の入力が完了したら、確認コード(ランダムな4桁の英数字)を入力して「検索」をクリックします。

台灣高鐵公式サイトで乗車する車両を選択

前ページで選んだ出発時間に近い列車が表示されるので好きな時間を選択し(基本的にはそのままで問題ありません)、「確認」をクリックして次に進みます。

台灣高鐵公式サイトでチケット受取人情報を入力

受取人情報欄にパスポート番号を入力します。ここでメールアドレスを入力しておくと発券の際に必要な予約番号が記載された確認メールが届くようになります。

一番下の個人情報保護の内容に同意のチェックを入れ「予約完了」をクリックします。

支払い

最後にクレジットカードで決済を行います。決済が終わると改めて予約内容の確認が表示されます。これでチケットの予約購入が完了しました。

この後チケットを発券するために、確認画面に表示されている予約番号が必要になります。

確認ページをスマホで撮っておくか、PDF化してDropboxなどのオンラインストレージサービスに保管しておき、いつでも確認できるようにしておきましょう。メールアドレスを入力した場合はメールでも予約番号などの情報が送られてきます。

チケットの受け取り方法

高鐵自動舊票機

チケットを受け取りは台湾のセブンイレブンにあるibonなどのマルチメディア機でも可能ですが、今回は台北駅の台湾新幹線の乗り場付近に置いてある自動券売機を使う方法を紹介します。

新幹線の乗り場付近へ行くと「高鐵自動舊票機」という名前の自動券売機が設置されているので、予約した新幹線の出発時間30分前までにこの自動券売機を使ってチケットを発券します。

自動券売機を利用したチケット発券手順

自動券売機操作画面01

オレンジ色の「開始使用」をタッチします。

自動券売機操作画面02

「一般取票」をタッチします。

自動券売機操作画面03

パスポート番号の下4桁を入力し「確認」をタッチします。(自分のパスポート番号が「AB0123456」なら、3456と入力。)

自動券売機操作画面04

オンライン予約した時の予約番号を入力し「確認」をタッチします。

自動券売機操作画面05

予約内容の確認が表示されるので問題なければ「確認」をタッチします。

自動券売機操作画面06

チケット発券中の画面です。

自動券売機操作画面07

「交易完成」と表示されたらチケット発券完了です。

自動券売機のチケット取出口

下の取り出し口からチケットを取り出します。往復分を購入した場合は2枚出てきますので忘れずに2枚とも取り出してください。

台湾新幹線の料金の目安

台湾新幹線のチケット

最後に台湾新幹線の料金について紹介します。台湾国内の乗り物としては決して安くないのですがそれでも日本の新幹線と比べるとかなり安いです。

下記は台北から代表的な都市に行った場合の料金をまとめた表です。

行き先台北発の料金(片道)
台中700元(約2,520円)
台南1,350元(約4,860円)
高雄(左営駅)1,490元(約5,364円)

上記は標準車両(全席指定席)の割引無しの定価料金ですが、数週間に購入したりピークの時間帯を避けると割引チケットが購入できます。

例えば台北から高雄市中心地の最寄り新幹線駅である左営駅までの定価は1,490元(約5,364円)ですが、1,000元(約3,600円)くらいで購入できる割引チケットもあります。

ちなみに台湾新幹線の台北─高雄(左営駅)間と東京─名古屋間の距離はほぼ同じですが、日本の新幹線の料金は台湾新幹線の料金の約2倍です。そう考えると台湾の新幹線はかなり利用しやすいです。

※1元=3.6円で計算(2020年8月29日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

神奈川県出身。日本で会社員として約7年間働いた後、台湾で語学留学・ワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にWebコンテンツ制作のフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

台湾新幹線のチケット
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

神奈川県出身。日本で会社員として約7年間働いた後、台湾で語学留学・ワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にWebコンテンツ制作のフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5