1. 台湾ならではの節約術!僕が台湾で生活する上で生活費を節約するためにやっていること

2015.10.112017.06.09

台湾ならではの節約術!僕が台湾で生活する上で生活費を節約するためにやっていること

カテゴリー

台湾台湾生活記

どうも、現在台北で生活をしていて毎月の出費が家賃含め大体9万前後のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台北で生活する場合、出費をあまり気にせず日々を送ると「やだ、東京で生活していた頃とそんなに生活費変わらないかも…。」という風になったりするんですが、台湾ならではの出費を抑える方法もいくつかあります。

というわけで今回は僕がやっている台湾生活における生活費節約術を紹介したいと思います。

Advertisement

台湾での節約術一覧

  1. 公共のウォーターサーバー(飲水機)を利用する
  2. スマホをプリペイドSIMカード(預付卡)で運用する
  3. リンスは使わない・買わない
  4. 顔に塗る基礎化粧品は最低限にする
  5. ボディソープで体と手と便器を洗う

01.公共のウォーターサーバー(飲水機)を利用する

台湾のウォーターサーバー

台湾では500mlの水をスーパーで買った場合一番安いものだと8元(約30円)と、日本で水を買った場合と比較すると非常に安いのですが、日本は一応水道水も安心して飲める環境なので飲料水代を限りなく0にすることも可能ですよね。

一方台湾は一般の家庭で蛇口を捻って出てきた水はそのままでは飲めず煮沸が必須です。またキッチン設備が無かったり台風などの災害後には水道から出てくる水の色が変わることもあったりで、やはり飲み水は購入した方がお手軽で安全ということになります。

すると例え安いといっても毎日飲むものなので、それが1ヶ月、半年、1年となれば積もり積もることになるので軽視出来ない部分となってきます。1日2本ずつ8元の水を飲んだとしたら1年間で、8×2×30×12で5,760元(約21,312円)にまで膨れ上がります。

そこで利用したいのがウォーターサーバーです。日本だと学校や地区センターなど本当に限られた場所にしか置いていないイメージがありますが、台湾は本当にあらゆるに設置してあり公共施設には必ずあります。

駅中にもある駅にはあるので最寄り駅に置いてあったらラッキー。学生の場合は学校の各フロアのお手洗いの前などを始めとしてあちこちに置いてあるので活用しない手はありません。

夏季の利用者が多いウォーターサーバーは、冷水の冷却が間に合わず溫水(ぬるい水)と冰水(冷水)の温度が一緒になったりすることもありますが、この些細な事を除けばウォーターサーバーには特にデメリットがないので、上手に活用することで飲料水代の大幅節約が可能です。

02.スマホをプリペイドSIMカード(預付卡)で運用する

iPhone 5s

台湾はそこら中に無料で利用できるWi-Fiが飛んでいている上、通信費も日本と比較すると非常に安いです。日本で言うパケ放題にあたる月額プランは4Gの場合600元(約2,220円)くらいで用意しているキャリアもあります。

さらに家を借りるとインターネット設備(有線LAN+Wi-Fi)が既に用意されていることも多く、学校の公共施設にも無料で利用できるWi-Fiが飛んでいるので、留学生の中には節約のためネット関係は特に何も契約せず無料で使えるWi-Fiのみで生活する人もいたりします。

その場合Wi-Fiが飛んでいない場所だと不便な時もあるので、僕は台湾大哥大(台湾モバイル)のプリペイドSIMカードにチャージして使っています。そうすると僕の利用しているプランだと月々の携帯料金は150元(約555円)で済みます。

僕は外出した時にスマホで何をやるかというと、LINEで連絡を取るかアプリで軽く調べ物をするかグーグルマップを見るぐらいなので、ほっとんど通信費を消費しません。

外出した時に動画サイトを見たりしない僕と同じような使い方の人は、プリペイドSIMカードでスマホを使うのをお薦めします。せっかく台湾に来てますからね。小さい画面の中じゃなくて台湾の街を見て文化を肌で感じる生活の方が有意義です。

03.リンスは使わない・買わない

JAMIANNE(ジャミアンヌ) モイストグロッシー シャンプー

実はコレ台湾全く関係ないんですがタイミングがある時は挟ませて頂いてます。回し者とかじゃなくて単純に良い物だからという理由でリンスを使わないためのシャンプーをひとつ紹介です。

過去にも何度か説明していますが使用感を説明すると、リンス要らずでこれひとつで髪の毛がサラサラ且つコシのある髪になるので非常におすすめシャンプーです。泡立てネットをあわせて使えばノンシリコンにしては泡もよく立ちます。僕みたいに猫っ毛な人に最高に相性が良い。

あと毛穴を詰まらせてしまう可能性のあるシリコンなどを始めたとした化学的な人工物が少ないので薄毛を気にし始めた方は試してみると良いかもしれません。僕はこのシャンプーを使い始めてから髪のボリューム感も変わった気がします。

一本2千円くらいするので少し高価に感じるかもしれませんが、シャンプー・リンスの2つを買ってたら同じくらいになる気がするのでめちゃくちゃ高いシャンプーとは思いません。

場所も取るし重いものですが迷わず台湾に来る時1年分としてまとめて4本くらい持ち込みました。それぐらい自分にとっては必須アイテム。ショート~ミディアムくらいの髪の長さなら1回の洗髪はワンプッシュで済み、1本で大体3ヶ月は持ちます。

04.顔に塗る基礎化粧品は最低限にする

ハトムギ化粧水

実は僕は美容おじさんなので、日本に住んでいた頃、冬の乾燥が気になる時期は化粧水・美容液・クリームという3本立てを毎晩のように自分の顔に対して施していたんですが現在は保湿用の化粧水のみです。台湾って湿度が高いのであれこれやらなくても全然肌が潤ったままなんですよね。

おかげさまで日本に居た時はどんなに食事に気をつけても出来ていたニキビが、台湾にきてからはほとんど出来なくなりました。日本に居た頃は仕事のストレス等もあったかと思いますがおそらく南国ならではの環境の恩恵を受けております。

日本では「身体に良い!」と謳われたものが本当に沢山売っていますが、体に必要なものって本当は少ないんだろうなぁと台湾に来てから思うようになりました。体に付けるものを徐々に断捨離して本来体が持っている機能を大切にして生活していきたいところです。

どちらかと言うと台湾でもスキンケアをちゃんとやりたい人は、保湿より紫外線対策に重点をおいた方がいいかもしれません。ちなみに僕は日傘常備マンです。

05.ボディソープで体と手と便器を洗う

ユニットバスルーム

台湾に住み始めて間もない頃、台湾人の友人が生活用品の買い出しを手伝ってくれたのですが、ボディソープを買い物カゴに入れて、その後はいつもの生活用品を買い揃える習慣で引き続きハンドソープを探していました。

するとその友人から「体を洗うのは一緒なんだからボディソープだけいいんじゃない?うちはそうしてるよ。」というアドバイス(?)を頂き、「それもそうだな…。」と思ってからはうちではずっとボディソープで手と体を洗っています。

僕はそれに自分のオリジナリティを加えて、ボディソープを使って便器も洗ってます。

何故かと言うと台湾の一般的な賃貸の構造上トイレとシャワーを浴びる場所の位置が近く、シャワー浴びると便器がビショビショになり、完全に綺麗に保つのが不可能に近い状態なので、泡立てて見た目がある程度綺麗になればいいやと割りきっています。カビもしょっちゅう生えますしね。

日本に居た頃は、便器掃除専用の洗剤マジックリンとか便座掃除専用のトイレクイックルとかを買って、おまけにマスカットの香りがする消臭剤とかを隅っこに置いてたんですが馬鹿らしくなりました。一般的な台湾の家に住む以上、トイレに関して完全無欠を目指すのは難しいです。

というわけで個人的にはボディソープ1つ3役、全く問題ありません。お試しあれ。

最後に

台湾で生活したことない日本人からすると「台湾の物価は日本と比べて結構安いんだよね?」と信じられている部分もあるかと思いますが、生活に直結する食料品や日用品など案外日本と値段が変わらなかったり、むしろ高いこともあります。

勿論安いものも確かにあります。特に通信費や交通費、医療費は日本と比較すると格段に安いでしょう。ただそれ以外はそうでもなかったりすることもあるので、今回は台湾の特色を活かした自分なりの節約術を含めて紹介してみました。

是非今回紹介した僕の節約術と合わせて、自分なりの節約術を見つけてみてくださいね。

※1元=3.7円で計算(2015年10月11日現在)

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

mobifoneのSIMカード台紙

ベトナム・ノイバイ空港で「mobifone」のプリペイドSIMカードを購入してネット接続してみた

先日ベトナムのハノイへ行ってきたのですが、ハノイにあるノイバイ空港にてプリペイドSIMカードを購入してインターネットをしてみました。 そこで今回はベトナム・ノイバイ空港でのプリペイドSIMカードの購入...

FREETELのPrepaid Data SIM for Japan

主要コミュニケーションアプリの通信費が無料!台湾でFREETEL「Prepaid Data SIM for Japan」を買って日本で使ってみた

僕は現在台湾で生活していて時々日本へ帰るのですが、今までは比較的短い期間の帰国だったので、8日間利用できるWi-Ho!の日本卡というプリペイドSIMカードを買っていました。 ですが今回は少し長めの帰国...

Wi-Ho!のプリペイドSIMカード自動販売機

台湾から日本へ一時期帰国する際に台湾で売られている日本用のWi-Ho!プリペイドSIMカード「日本SIM卡」を買って試してみた

僕は台湾で暮らしていて時々短期で日本へ帰ったりするのですが、日本で契約している回線が無いので毎回プリペイドSIMカードを購入し、SIMフリーのスマホに挿すことでネットを利用しています。 日本に着いてか...

csl Discover Hong Kong Tourist SIM Card

香港国際空港でcslのSIMカードを購入して使ってみた。買い方と設定方法を紹介

先日香港を旅行してきたのですが、その際に香港現地で購入したプリペイドSIMカードを初めて使用してみました。 使用するプリペイドSIMカードを旅行前に色々と調べて検討してみたところ、比較的手に入れやすく...

台湾大哥大 公式サイト トップページ01

台湾大哥大(台湾モバイル)の会員登録方法を紹介

台湾大哥大のプリペイドSIMカードは会員登録をしなくてもパスポート番号と電話番号さえあれば公式サイトからオンラインチャージなどが出来るようになっていて、台湾でネットを使うための基本的な部分に関しては特...

カットする果物

台湾で売っている美味しい飲み物「フルーツ牛乳(水果牛奶)」を家で作りたい!そんな時は2000円から買えるスムージーミキサーがお薦め

このブログを見ているということは、台湾が好きか興味があるという方が多いと思いますが、台湾って本当に食べ物が美味しいですよね。台湾にある飲食では何が好きですか? 餃子・小籠包・胡椒餅・蛋餅・麺線・牛肉飯...

ツーリストSIM「TrueMove H」のパッケージ

タイ(バンコク)のドンムアン空港でSIMカード「TrueMove H」を買って試してみた

今回はタイのバンコクを中心に旅行してきまして、その際タイの通信事業Trueが販売する「TrueMove H」というツーリストsimカードを現地で購入し、自分のiPhoneに挿れて使ってみました。 とい...

南瓜拿鐵(パンプキンラテ)

台湾在住の僕が選ぶ日本では飲めない台湾おすすめドリンク6選

ま、まさかこんなはずでは…。ども、台湾で生活をはじめてからというもの1日1杯はドリンクスタンドで売られている飲み物を買って飲んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。 けど本当に美味し...

中国联通のSIMカード

中国・広州白雲国際空港でプリペイドSIMカードを購入してみた。販売場所や買い方を紹介

最近はよっぽどのことがない限り海外へ行く時は現地キャリアのSIMカードを購入してスマホでインターネットを楽しんでいます。 少し前に台湾の桃園空港から2時間ほどで行ける中国の広州へふらっと遊びに行ってき...

プリペイドSIMカードにチャージ

台湾大哥大(台湾モバイル)のSIMカードをオンラインチャージ・有効期限を延長する方法

台湾を訪れてプリペイドSIMカードを購入したことがある方は、また台湾へ行った際にそのSIMカードを再利用してネットに繋ぐことが出来るのか、それともまた新しいSIMカードを買い直す必要があるのか?と疑問...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾に1年間住み台湾人女性約20人とデートしてみたら彼女たちの印象はどう変わったのか?見た目や性格・考え方などの特徴を改めて考えてみる
羽田空港から台湾へ行けるLCCを徹底比較!どのLCCに乗るのが良いか考えてみた
台湾のレシート宝くじ(統一發票)が当たったので換金してみた。当選番号の確認方法と換金方法を紹介
台湾初心者でも簡単に悠遊カードを手に入れる/購入する方法

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook