1. 桃園国際空港から台北駅へバスで行く方法

2015.02.282017.01.18

桃園国際空港から台北駅へバスで行く方法

カテゴリー

台湾台湾役立ち情報

台湾へ行く際、台北松山空港を利用した場合はMRTに直結しているので台北の中心地へ迷わず辿り着けると思うのですが、桃園国際空港は少し台北の中心地から離れているのでバスやタクシーなどを使わないと台北市内へ辿り着くことが出来ません。

おそらく旅行などでいらっしゃる場合は大多数の方がバスでの移動を選択するかと思いますが、初めてバスを利用する人は空港で荷物を受け取ったらどこに行けば良いんだろう、バスのチケットはどうやって買えばいいんだろう、バスはどうやって乗ればいいんだろう等、色々な不安があるかと思います。

そこで今回は桃園国際空港から台北駅へバスで行く場合の流れと方法をご紹介します。どうぞご覧ください。

Advertisement

バニラエア チェックイン・カウンター

今回は台湾を旅行する時に乗る飛行機の選択肢のひとつとして必ず上がってくるであろう、LCC「バニラエア」を利用した場合を例に説明します。

バス乗り場の場所

バスのチケット売り場へ続く道

バニラエアの場合、飛行機は桃園国際空港の第1ターミナルに到着するので、まずは地下1階にあるバスのチケット売り場へ向かいます。

また、第2ターミナルに到着した場合でも基本的には客運巴士(Bus to city)の案内に従って進めば、チケット売り場及び台北駅行きのバスが出るバスターミナルのある場所にたどり着きます。

チケットの購入方法

國光客運のカウンター

チケット売り場に着いたら、國光客運のカウンターで「一張,台北車站(イージャン、タイベイチャージャン)…台北駅まで1枚ください。」と伝えます。台北駅行きは1枚125元(約400円)です。

行き先と購入枚数を伝えた後、「單程?來回?(ダンチェン?ライフェイ?)」と聞かれることがあります。これは片道チケットを買うのか往復チケットを買うのかという質問ですので好きな方を選びましょう。

ただ普通に片道チケットを1枚ずつ購入した場合の合計代金250元(約800円)に比べ、往復チケットを購入した場合の代金は230元(約736円)となっており少しだけお得です。

よって、旅行などの数日間だけの滞在で確実にまた桃園空港に戻ってくる予定がある場合は「來回(往復)」で購入することをお勧めします。往復チケットを購入した場合の帰りは下記の記事の通り、チケットを買う部分を飛ばしてバスにお乗りください。

また、このカウンターの手前には台北駅行き専用バスチケットの自動券売機も置いてありますので、もし外国語でのやり取りに抵抗がある場合はご利用ください。ただこちらの自動販売機では往復チケットは販売しておりません。

バスの乗り方

1819路線

出口から外へ出たら1819と書かれた柱を探してください。写真の柱に大きく書かれた「5」は行き先が同じでもターミナルによって変わるので、必ずこの「1819」を探してください。この番号が最速で桃園国際空港と台北駅を繋ぐ路線番号です。こちらでバスが来るまで待機しましょう。

バスがやってくると運転手さんによるチケットの確認が始まります。チケットを確認してもらった後、キャリーケース等の大きめの荷物を預けたい場合は、その場に立っている係員に荷物を渡すか、自分で荷物格納庫に入れましょう。

同じ1819路線でも逆の台北駅から桃園空港行きは使えないのですが、桃園国際空港から台北駅行きは、悠遊カードを持っていてチャージしてあればバスに乗車可能です。チケットを買わずにそのままバスの列に並んで、チケット確認時に「我要用悠遊卡 … 悠遊カードを使いたいです」とお伝えください。

悠遊カードとチケットの半券

チケットを確認してくれる方が、バス車内にあるカードリーダーではなく外に設置してあるカードリーダーに渡した悠遊カードをかざしてくれ、その後チケットの半券が返ってきます。

バスに乗って走り出したら、途中何箇所か立ち寄って何人か乗降しますが気にせず、多くの人が降りる終点(臺北火車站東三門)まで乗り続けてください。

バスの時刻表・始バスと終バスの時間

ありがたいことに基本的に24時間営業です。日中なら乗り場で待っていれば10分~20分という待つのが苦痛ではない間隔で次のバスがやってきます。

詳しくは臺灣桃園國際機場→臺北の時刻表をご覧ください。深夜24時から朝の5時くらいにかけては少し本数が減ります。

台北に到着しバスを降りたら

預け荷物について

預け荷物を受け取っている様子

バスに荷物を預けている場合は終点(臺北火車站東三門)に到着すると荷物格納庫の扉を開けてくれるので、下車したら自分で荷物を取りに行きましょう。奥の方に収納されていたら取ってもらってください。

荷物を受け取る際に乗車時に渡された荷物の番号が書かれたタグを運転手さんかその場にいる係員さんに渡します。

降ろされる場所

台北駅の東側で降ろされるので、台湾鉄道や新幹線を利用する場合はそのまま目の前にある大きい建物(台北駅)に入ります。

MRTに乗りたい場合は台北駅を右にして真っ直ぐ歩いていくとMRT台北駅4番出口が右手側に見えてきます。雨が降っていたりして歩くのが困難な場合は、まず台北駅の建物に避難してからMRTのあるフロアに降りていくのもひとつの手です。

※1元=3.2円で計算(2016年9月10日現在)

台湾でのネットの準備はお済みですか?台湾でネットをするならWi-Fiルーターを借りていく方法がお手軽です

台北のホテルを探すならこちら

Advertisement

Advertisement

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

この記事を見ている人におすすめの記事

1819桃園国際空港行きのバス乗り場

台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法

いやー台北市内から桃園空港を結ぶMRTですが、延期に延期を重ねてなかなか開通しませんね。今も台北市内と桃園空港を行き来するためには昔ながらのバスを利用する方法が活躍中です。 以前、桃園国際空港から台北...

バスチケット

台湾セブンイレブンのibonを利用して台湾の長距離バスチケットを事前購入する

どうも、長距離バスを制するものは台湾を制します。今思い付きました。 台湾は日本に比べると交通費が非常に安いです。そして各都市に移動するための長距離バスも安い。なんと台北から台南に行っても1,000円く...

台湾新幹線のチケット

台湾新幹線(高鐵)をオンライン予約し、自動券売機でチケットを受け取る方法

何度か台湾を旅行していると日本から行きやすい台北だけではなく中部・南部などの地方へ行きたくなり、その時の交通手段として台湾の新幹線(高鐵)の利用を考える方もいるんじゃないでしょうか。 僕もそんな人間の...

大自然が育んだ石彫展「野柳地質公園」へ台北駅からバスで行く方法、園内の様子を紹介

いや、あの、ほら実際のところ台湾の風景を愉しむ観光地って同ジャンルに属する日本の観光地と比較したら確実に見劣りするじゃないですか。 けど!!今回紹介する「野柳地質公園」は大丈夫です、ここはおそらく台湾...

故宮博物院の外観

古代のお宝達を見に行こう!台北・故宮博物院への行き方

さてさて故宮博物院といえば台湾の中ではかなり有名な部類に入る観光スポットですが、先日人生で2回目となる故宮博物院へ行って参りました。 僕が1回目に訪れた時は、ツアーに組み込まれていた観光先だったことや...

一卡通(iPASS)

250元(約800円)で高雄のMRT(捷運)が2日間乗り放題!高雄を観光するなら必ず利用したい「二日卡」

先日高雄へ4日間旅行してきました。高雄旅行はこれで2回目となります。 今回は現地の友人に高雄でまだ訪れたことがない場所を案内してもらったんですが、その友人から「高雄に着いたら買うと高雄の交通が便利にな...

ハノイ市内行きの専用高速バス

ベトナム・ノイバイ空港からハノイ市内(ハノイ駅)へ専用高速バスで行く方法

先日ベトナムのハノイを旅行してきたのですが、ハノイは観光に適している市内と空港が少し離れているので、市内周辺で遊びたい場合は何らかの方法で市内へ行く必要があります。 旅行前に交通手段を調べてみたところ...

猫空の夜02

ロープウェイを使った猫空へのアクセス方法を紹介。夜の猫空へ行ってみた

住んでるところのすぐ近くに観光地があると「いつも傍に居てくれる。」みたいな謎の安心感からそこへ赴く気力って全く湧いてきませんよね。 僕自身も横浜で生まれて横浜に20年くらい住んでいたのに、中華街へは1...

新北市移民署最寄りのYouBike駐輪場

台湾・新北市在住の日本人必見!新北市の移民署に行く時、交通費を少しでも節約したい人はYouBike(ユーバイク)で行くのがおすすめ

新北市在住の外国人ならきっと同意して頂けると思うことがあるんですがね…移民署がとにかく遠い!台北市の移民署がMRT最寄り駅から徒歩5分なのに対し、新北市の移民署は最寄り駅から歩いていくとなんと4,50...

鹿港の老害の街並み

赤レンガ造りのレトロな雰囲気の港町「鹿港(ルーガン)」へ行ってみよう。台中駅から鹿港へバスで行く方法を紹介

先日台中へ遊びに行ってきまして、前々から行ってみたいと思っていた『鹿港』という場所を観光してきました。 なぜ行ってみたかったかというと台中に住んでいる友人たちが口々に「鹿港オススメ!」と言っていたから...

プロフィール

ナカジマチカ

名前:ナカジマチカ
1985年生まれ。横浜出身。東京でサラリーマンとして約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強。現在は台湾を拠点に据えフリーランスとして働きながら時々他の国を旅行したりしつつ、台湾に生まれてたら納豆絶対食べないわとか考えたりして生きています。
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する
台湾華語(中国語)を無料で学習できるWebサイトやiPhoneアプリ!日本で台湾華語を独学しよう
中華電信のSIMカードを日本から予めオンライン予約しておき台湾旅行初日に空港で受け取る方法
全て実践済み!台湾人女性と知り合う方法を5つ教える
香港国際空港のインタウン・チェックイン利用方法とメリットを紹介

サイト内検索